【保存版】歴代Xperia総出演!全30機種で振りかえるAndroidヒストリー

【Xperia SX SO-05D】

Xperia SX SO-05D

Xperia SX SO-05D

Xperia GXとほぼ同時期に発売されたモデルで、こちらはコンパクトさをウリにしたモデルとなっています。Xperia rayの後継にあたります。

 

 
しかしながら、Xperia rayの100gよりもさらに軽量化された95gを実現。しかもLTE(ドコモXi)対応で高速通信ができます。
 

Xi対応世界最軽量の95gを実現

Xi対応世界最軽量の95gを実現

 
機能もXperia rayでは搭載されていなかった日本向け機能の「赤外線通信」「おサイフケータイ」「ワンセグ」に対応させ、オールインワンでなんでもこなせるコンパクトモデルを実現しました。
 

コンパクトなボディながら、日本独自機能もしっかり対応

コンパクトなボディながら、日本独自機能もしっかり対応

 
ちなみに、背面にSonyEricsonの丸いシンボルマークが付いた最後のモデルです。
 
【Xperia VL SOL21】、【Xperia AX SO-01E】
防水の「Xperia acro HD」の後継モデルで、性能は向上させつつLTE(ドコモXi、au 4G LTE)に対応させました。
 

Xperia VL SOL21(左)Xperia AX SO-01E(右)

Xperia VL SOL21(左)Xperia AX SO-01E(右)

 
なお、KDDI初のLTE対応Xperiaで、ディスプレイ下部のデザインが美しいのも特徴です。
 

ドコモ向けSO-01E(左)KDDI向けSOL21(右)

ドコモ向けSO-01E(左)KDDI向けSOL21(右)

 
やや大きめのボディだった「Xperia acro HD」を軽量化させた他、「Xperia arc」以降好評だったアーク形状も採用しています。
 

防水でアーク形状が採用された

防水でアーク形状が採用された

 
また、防水性能はそのままにバッテリー脱着にも対応した他、「赤外線通信」「おサイフケータイ」「ワンセグ」にも対応しています。
 

デザインが刷新された2013年

【Xperia Z SO-02E】、【Xperia UL SOL22】
今までアーク形状を主としていたXperiaシリーズですが、「Xperia Z」の登場により変化が訪れます。板状の形状をメインとし、背面に強化ガラスを採用したモデルの登場です。これにより、さらなる薄型化や高級感が向上しました。
 

Xperia Z SO-02E(左)Xperia UL SOL22(右)

Xperia Z SO-02E(左)Xperia UL SOL22(右)

 
Xperiaスマートフォンとして初のクアッドコアCPUを採用した他、ディスプレイもHDから5.0インチフルHD(1,920×1,080)を採用。カメラも1,310万画素となっています。
 

このモデルより本体デザインが大きく変更され、背面に強化ガラスが採用された

このモデルより本体デザインが大きく変更され、背面に強化ガラスが採用された

 
防水防塵の他に、日本独自機能の「赤外線通信」「おサイフケータイ」「ワンセグ」も当然ながら搭載しています。
 

サイドの電源キーが丸形になり押しやすくなったのもこのモデルから

サイドの電源キーが丸形になり押しやすくなったのもこのモデルから

 
なお、KDDI向けの「Xperia UL SOL23」では背面が強化ガラスではないものの、バッテリーの脱着が可能です(ドコモ向けSO-02Eはバッテリー脱着非対応)。
 

あわせて読まれています

こちらの記事もご覧ください。