『Cogi – Notes & Voice Recorder』~会議の大事な部分だけをしっかり録音!メモや写真を追加することも可能~

Cogi – Notes & Voice Recorder

Cogi – Notes & Voice Recorder


『Cogi – Notes & Voice Recorder』は、簡単操作で録音ができるレコーディングアプリです。
 
アプリの一番の特徴は、会議で大事だと思った発言部分を指定して録音したり、指定した箇所から、5秒から45秒まで遡って録音できることです
 
さらに、録音したデータに対して、ノートや写真、タグや話し手の情報を追加できます。

 

タップするだけの簡単操作

Cogi – Notes & Voice Recorder:起動画面

Cogi – Notes & Voice Recorder:起動画面


操作は簡単です。アプリを起動すると、「CAPTURE」(録音)画面が表示されます。画面上部のタブで「CAPTURE」「REVIEW」(確認)を選択できます。
 
まずは録音をしてみます。「CAPTURE」画面の画面中央の「Start New Session」をタップし、セッションを開始します。

 
録音が始まりますが、実際に「REVIEW」で聴けるようにするためには、画面中央の「Tap to Highlight」をタップし、ハイライトを開始する必要があります。
 
このボタンをタップしたタイミングで、設定した秒数を遡ったところから実際に「REVIEW」で聴けるようになります。
 
「Tap to Stop」をタップし、ハイライトを終了させます。この繰り返しで、自分が聴きたいところだけを残せるようになります。
 
Cogi – Notes & Voice Recorder:「Start New Session」で録音スタート(左)「Tap to Highlight」で重要な部分を指定(右)

Cogi – Notes & Voice Recorder:「Start New Session」で録音スタート(左)「Tap to Highlight」で重要な部分を指定(右)


 
つまり「Start New Session」では仮録音状態(キャッシュのようなイメージ)、「Tap to Highlight」でデータの保存を開始して、「Tap to Stop」で保存終了という流れになります。
 
最後にセッションを終わらせる場合は「Tap to Highlight」を長押ししてください。
 
Cogi – Notes & Voice Recorder:設定画面

Cogi – Notes & Voice Recorder:設定画面


遡る秒数は設定画面の「For audio highlights,rewind」で変更できます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

録音データに写真や連絡先情報を追加できる

「CAPTURE」画面上で、タイトルを編集できます。ただし、現状日本語の入力はできますが、変換がうまくでできないようです。
 
また、画面下部のメニューから、音声データにノート、写真、タグを付与できます。タグは「CONTACTS(連絡先)」「TAGS」を選択できます。「CONTACTS」は、@部分に、名前の一部を入れると連絡先の候補が表示されます。
 

Cogi – Notes & Voice Recorder:「CAPTURE」(録音)画面(左)「CONTACTS」(連絡先)タグの指定画面(右)

Cogi – Notes & Voice Recorder:「CAPTURE」(録音)画面(左)「CONTACTS」(連絡先)タグの指定画面(右)


 
録音したデータを聴いてみます。「REVIEW」画面を開くと、セッション一覧が表示されますので、各データ右の再生ボタンを押せば再生されます。
 
各データを長押しするとタイトルの編集やデータの削除ができます。画面上部の検索欄から編集することもできます。
 
Cogi – Notes & Voice Recorder:「REVIEW」(確認)画面(左)データ編集画面(右)

Cogi – Notes & Voice Recorder:「REVIEW」(確認)画面(左)データ編集画面(右)


 
再生画面では、写真やノート、録音データの一覧が表示されます。ここからもノートや写真を追加できます。
 
データを長押しすると、録音データのタイトルの編集や削除、さらに共有ができます。
 
Cogi – Notes & Voice Recorder:再生画面(左)録音データ編集画面(右)

Cogi – Notes & Voice Recorder:再生画面(左)録音データ編集画面(右)


 
実際に会議で使ってみましたが、大事な部分だけを切り取る感じで録音できるので、後で聴く際も重要箇所を探す手間が省けていい感じでした。
 
当たり前ですが、ちゃんと会議に集中していないと、ボタンを押さず、何も録音できない事象が発生する可能性がありますのでご注意を。
 
他にも便利なアプリが揃っています!

こちらの記事もご覧ください。