初心者のためのWi-Fi講座。Wi-Fiで7GB制限を回避しよう!

 
もし、目的のWi-Fi電波にパスワードがかかっていなければ、そのまま接続されます。パスワードがかかっている時は、ルータの設置者(管理者)にパスワードを聞いて入力してください。
 
これだけでスマホがWi-Fiに繋がります。
 
Wi-Fiについて、詳しくはこちらもチェック!


 

“繋がる場所が限られている”のがWi-Fi

先にも書いたように、Wi-Fiにはパスワードがかかっている場合があります。セキュリティ上の問題からかけているのですが、わかりやすく説明すると「自宅の玄関の鍵」と同じです。
 
誰だって自分が有料で使っているインターネット回線を見ず知らずの人に無断で使われたくはないものです。それにWi-Fiの電波を拾って接続するのはスマホだけではありません。悪意のある人が利用しようとするかもしれません。ですから、Wi-Fiや無線LANの基本はパスワードをかけているのです。
 

ローソンのWi-FiサービスはPonta会員である事が前提になっている

ローソンのWi-FiサービスはPonta会員である事が前提になっている


docomoやau、SoftBankといったキャリア各社も自社のユーザ向けにWi-Fiサービスを提供しています。こちらも勝手に他社ユーザが使えない仕組みになってます。
 
この他にコンビニ各社のWi-Fiサービスもあります。コンビニ各社のWi-Fiサービスはアプリをインストールしたり、無料の会員登録をすれば利用できます。
 
ただし上手く接続できても、Wi-Fiとスマホが繋がるのはWi-Fiの電波のエリアの中だけです。もしもコンビニでWi-Fiに接続していても、コンビニから出て数メートル歩けばWi-Fiの電波は徐々に弱まり途切れます。


 
ポケット(pokcet)Wi-Fiも持ち運びに便利!

 

キャリアの7GB制限を回避できる

そしてAndroidスマホユーザの大きな悩みといえば、キャリア各社がパケットの上限を定めているパケットの月7GB制限ではないでしょうか。
 
月のパケット使用量が7GBを越えると回線速度の規制がかかる悩ましい制度なのですが、実はコレ、Wi-Fiを多様する事により回避できるのです。
 
先にも書きましたが、Wi-Fiの電波は有線回線を無線で飛ばしているという仕組みです。キャリアの電波は利用せず通信します。もし動画や音楽データというような大容量データをWi-Fiでダウンロードしてもキャリアのパケットは一切利用していない事になります。
 
これにより、上手くWi-Fiを利用すれば毎月のパケット量を節約できるというわけです。
 
またWi-Fiは、パケット使用量が7GBを超えて接続スピードが遅くなり、イライラしている人の強い味方でもあります。Wi-Fiはルータが接続している回線のみスピードに左右されるので、例えば光回線からのWi-Fiに接続すれば、サクサクしたスピードでインターネットを楽しめるという事になります。
 
速度の規制について、詳しくはこちらもチェック!

 
 
Wi-Fiとはキャリアの電波をつかわずスマホをインターネットに接続できる機能の事なのです。
 
カフェやファーストフード店、コンビニ各社で気軽に利用できるようになりました。使ったことがない方も、パケット使用量が7GBを超えそうな月は足を運んで利用してみてはいかがでしょうか。
 
Wi-Fiについて、詳しくはこちらもチェック!

こちらの記事もご覧ください。