使わなきゃ損!Googleの音声検索の裏ワザで便利に生活をしよう

使わなきゃ損!Googleの音声検索の裏ワザで便利に生活をしよう

使わなきゃ損!Googleの音声検索の裏ワザで便利に生活をしよう


多くのAndroidスマートフォン・タブレットには「Google検索」(Google Now)のウィジェットがプリセットされています。このウィジェットの右側にあるマイクみたいなアイコン、気になるけど触ったことがない――そんな方も多いと思います。
 
このアイコンはGoogleの「音声検索」への入り口。文字をわざわざ入力することなく、自分の声でサッとGoogle検索ができてしまいます。さらに音声検索は、それに留まらず、色々便利な機能がてんこ盛りです。
 
本記事では、Google音声検索の便利な使い方をシーン別にご紹介します。春の新生活の足しになれば幸いです。

 

音声検索はどうやって使う?

Googleの音声検索は、Androidスマートフォン・タブレットでは冒頭に書いた通り、検索ウィジェットのマイクアイコンをタップすれば起動できます。
 

マイクのアイコンをタップしよう

マイクのアイコンをタップしよう


 
Android 4.1以降の端末では、一部言語でGoogle検索(Google Now)を開いた状態で「OK, Google」と話しかけると音声検索を起動できますが、日本語は残念ながら非対応です。
 
iOSでは『Google検索』アプリをインストールし、アプリ内のマイクアイコンをタップすると音声検索機能を利用できます。
 
AndroidではGoogle検索ウィジェットから(左)iOSでもGoogle検索アプリのマイクアイコンをタップ(右)で、音声検索機能を呼び出せる

AndroidではGoogle検索ウィジェットから(左)iOSでもGoogle検索アプリのマイクアイコンをタップ(右)で、音声検索機能を呼び出せる


 
音声検索機能を起動し、「お話しください」(Speak Now)と表示されるスマートフォン・タブレットに向かって調べたいことを話しかけましょう。標準状態では、検索言語が端末の画面表示と同じ設定になっています。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!