『URL Shortener』~統計も取れる!お気に入りのウェブサイトURLを短くして友達にシェアしよう~

URL Shortener

URL Shortener


『URL Shortener』は、その名の通りURLを短くできるアプリです。
 
例えば、『Wikipedia』の情報やお気に入りのウェブサイトのURLを友達に教える際、『マップ』から現在地情報を送る際など、URLが長いと何かと不便です。
 
本アプリを使えば、URLを短くでき、しかもアクセス解析まで可能と一石二鳥で役立ちます。
 
※本アプリは、Android 4.0以上の対応です。

 
アプリを起動すると、「Google URL Shorter」と紐付けるため、アカウントを聞かれます。登録すると、URLの入力画面になります。
 
あとはURLを入力すると短くなります。コツとしては、サイトのURLをコピペしたあとアプリ起動後、右上の+マークをタップすると、自動的に入力状態になるので、そのまま貼り付ければOK!無駄な手間が省けます。
 
URL Shortener:最初にアプリを起動したらGoogleアカウントを登録しよう(左)URLを入力すると短くしてくれる(右)

URL Shortener:最初にアプリを起動したらGoogleアカウントを登録しよう(左)URLを入力すると短くしてくれる(右)


 
また、短くしたURLは、分析情報を得られるので、何人が踏んだのか、世界のどこから来たのかなど、細かいデータを見ることができます。
 
URL Shortener:星マークをタップすると「STARRED」に入るので、何度でも利用ができる

URL Shortener:星マークをタップすると「STARRED」に入るので、何度でも利用ができる


URLは、そのままウェブサイトを開くほかに、コピーやシェアができます。メールや『Twitter』、『Facebook』など友達に送る際に便利です。
 
一度短くしたURLは情報として残ります。頻繁に使うサイトは、星マークをタップしておくと、「STARRED」に入り、何度でも利用できます。毎回短くしなくてもいいです。

 
その他、入れておくと便利な定番アプリがあります!

こちらの記事もご覧ください。