『Redirect File Organizer』~整理はおまかせ!スマホ内のファイルをまとめて移動できる~

Redirect File Organizer

Redirect File Organizer


端末内の色々なフォルダに画像ファイルが保存されてしまっているので、これをひとまとめにできたらいいのに…そう思ったことはありませんか?
 
『Redirect File Organizer』を使えば、画像ファイルや動画ファイル、音楽ファイルなどを、種類ごとに指定したフォルダにまとめることが可能です。

 

動画・音楽・ドキュメントを簡単移動

Redirect File Organizer:まずはファイルの設定

Redirect File Organizer:まずはファイルの設定


まずは、まとめたいファイルの種類を設定しましょう。メイン画面の「New Simple Redirect」を選択します。動画(Movies and Videos)か音楽(Music and Audio)、ドキュメント(Documents)から選択が可能。
 
その他のファイルをまとめたい場合は、後述する「New Custom Redirect」を利用して下さい。
 
保存先のフォルダを指定して、「Create Simple Redirect」を選択すると「Redirect」画面に移動します。
 
作成した「Redirect」の一覧はここから確認することができます。

 
Redirect File Organizer:Redirectの実行メニュー

Redirect File Organizer:Redirectの実行メニュー


あとは実行したい「Redirect」を選択し、「Run the Redirect」を選択して実行すると、目的のファイルが指定したファイルにまとめられるというわけです。

 

プレビュー機能で何が移動するかすぐわかる

Redirect File Organizer:移動するファイルを確認できる

Redirect File Organizer:移動するファイルを確認できる


「Preview files」からはリダイレクトされるファイルの一覧を確認することができます。
 
一口に動画ファイルと言ってもどのファイルを指し示しているのか分からない場合も多いので、ここからファイル名を確認できるのは安心です。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

任意のファイルもまとめられる

Redirect File Organizer:まとめるファイルの種類を自由に選択できる

Redirect File Organizer:まとめるファイルの種類を自由に選択できる


前出の種類以外のファイルをまとめたい場合には「New Custom Redirect」を使用します。「Redirect Name」には何のファイルをまとめるかがわかる名前を付けておけばいいでしょう。
 
「Redirect Extensions」にはまとめたいファイルの拡張子を入力します。そして、保存先のファイルを指定します。
 
あとは同様に「Redirects」画面から、今作成した「Redirects」を選択、実行すれば、指定したフォルダにまとめられます。

 

ファイルはすぐ元の場所へ戻せる!

Redirect File Organizer:操作をロールバックすることも可能

Redirect File Organizer:操作をロールバックすることも可能


リダイレクトしたファイルを元に戻したい場合は「Undo/View Previous Redirects」を選択しましょう。
 
実行日時を選択することで、その際にリダイレクトしたファイルを元のフォルダに戻すことができます。

 
その他にも、ファイル名でリダイレクトしたり、フォルダからフォルダにリダイレクトしたり、といったことをすることもできます。なお、有料版ではウィジェットの利用やテーマの適用、空になったフォルダの自動削除を行うことが可能です。

 

他にも便利なファイル管理アプリが揃っています!

こちらの記事もご覧ください。