iPhoneだけじゃない!MacとAndroidの接続方法、便利な使い方を紹介

MacとAndroidの接続方法と便利な使い方

MacとAndroidの接続方法と便利な使い方


最近、街中でAppleのMacBook AirやMacBook Proをよく見かけるようになりました。また、デスクトップパソコンとしてiMacやMac miniが売れているという話も聞きます。
 
Macと一番親和性が高いスマートフォン・タブレットと言えば、当然ながらiPhoneやiPadです。しかし、MacにはAndroidスマホ・タブレット(以下Android)を接続しても便利に使えるのです。

 
今回は、MacにAndroidを接続して便利に使う方法をご紹介します。

 

MacとUSBでつないでファイルのやりとりをする

AndroidとパソコンをUSBケーブルでつないでファイルをやりとりをする場合、Android 3.0以降は原則として「MTP」(Media Transfer Protocol)と呼ばれる規格で行われます。
 
このMTPは元々Windows Media対応機器でデータのやりとりをするために生まれた規格です。Windows Vista以降のWindowsはOS自体がMTPに対応しているので、USBケーブルでAndroidとつなぐだけでやりとりができます。
 
しかし、Macに搭載されているOS XではMTPをサポートしていない故、Androidをつないだだけではウンともスンとも言いません。そこで、「Android File Transfer」(以下、AFT)というソフトウェアをインストールする必要があります。
 

ダウンロードサイトの「Download Now」をクリックしてダウンロード

ダウンロードサイトの「Download Now」をクリックしてダウンロード


 
インストールは簡単で、ダウンロード後、イメージファイルをマウントしてアプリケーションフォルダにアプリをコピーするだけです。

 

こちらの記事もご覧ください。