iPhoneだけじゃない!MacとAndroidの接続方法、便利な使い方を紹介

 
先ほどご紹介したAFTでも、iTunesの音楽ファイルを転送できない訳ではありませんが、ちょっと面倒です。

 
 
そこで、おすすめしたいのが『iTunes向けiSyncr』というアプリを利用する方法です。有料アプリですが、無料で使えるトライアル版『 iTunes向けiSyncr (トライアル)』も用意されているので、お手持ちのMacとAndroidの組み合わせで使えるかどうか試すことも可能です。

 
 

『iTunes向けiSyncr』(左)機能・期間制限付きのトライアル版『iTunes向けiSyncr (トライアル)』もある(右)

『iTunes向けiSyncr』(左)機能・期間制限付きのトライアル版『iTunes向けiSyncr (トライアル)』もある(右)


 
利用には、Android側だけではなく、Mac側でもアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは、パソコン向けのiSyncrのWebサイトからできます。

 

MacでiSyncrサービスが起動していることを確認

MacでiSyncrサービスが起動していることを確認


Android、Mac双方にアプリをインストールしたら、Mac側でサービスが起動していることを確認します。画面の一番上にあるメニューバーにiSyncrのアイコンが出ていればOKです。

 
 
サービスが起動していることを確認したら、Androidとの同期を行います。同期はUSB接続か、Wi-Fiを介して行います。前者ではAFTと同様にMTPで転送を行います。注意点もATF同様です。後者では、同じアクセスポイントにつながっているMacとAndroidでデータのやりとりができます。今回は、後者の方法を使います。

 

こちらの記事もご覧ください。