iPhoneだけじゃない!MacとAndroidの接続方法、便利な使い方を紹介

 

Android側でWi-FiテザリングをONにして、Mac側でONにしたAndroidのネットワークに接続するだけ

Android側でWi-FiテザリングをONにして、Mac側でONにしたAndroidのネットワークに接続するだけ


 
テザリングについては、こちらの記事もチェック

<Bluetoothでテザリング>
次におすすめしたいのが、Bluetoothを利用したテザリングです。Bluetoothテザリングは、端末、パソコン双方の電力消費を抑えられるというメリットがあります。

 
 

Android側でBluetoothテザリングをONにする

Android側でBluetoothテザリングをONにする


日本向けAndroidではこの機能が搭載されていないことが少なくありませんでしたが、最近ではauに供給している機種を中心にサポートしている機種も増えました。一般的にAndroidのBluetoothテザリングはMacでもサポートしているPAN(Personal Area Network)プロファイルで行われます。
 
そのため、BluetoothテザリングできるAndroidとBluetoothを搭載するMacをペアリング(紐付け)すれば、消費電力を抑えつつワイヤレスでテザリングできます。

 
 
Bluetoothテザリングについては、こちらの記事もチェック

 
ただし、Wi-Fiや、後述するUSBでのテザリングと比較して通信速度が遅くなることには注意が必要です。特に、LTEで高速通信ができる通信エリアでは差が顕著になります。

 
 
外出先で通信速度を重視したい時はWi-FiまたはUSBで、バッテリー持ちを重視する時はBluetooth、といった使い分けをおすすめします。
 

<USB接続でテザリング>
通信の安定性を重視しつつ、Androidを充電しながら使いたい時に便利なのがUSBテザリングです。しかし、Macの場合、最初にちょっと面倒な手順を踏む必要があります。

 
 
というのも、USBテザリングを利用する際、WindowsではVista以降ではOSに備わっている標準ドライバー(機器を利用するためのシステムソフトウェア)を流用できるのですが、OS X(Mac用のOS)にはそのドライバーが備わっていないのです。

 
 
だからと言って諦めてはいけません。AndroidのUSBテザリングではNDIS(Network Driver Interface Specification)に準拠したドライバーを用います。Macでも、NDISドライバーを用意できればUSBテザリングできるのです。

 
 
筆者は、「HoRNDIS」というMac用で、なおかつAndroidにターゲットを絞ったNDISドライバーをおすすめします。インストール後、AndroidをつないでUSBテザリングを有効にすると有線LAN接続としてMacから認識されてネットワーク接続できるようになります。

 
 

「HoRNDIS」インストール後、AndroidをUSBケーブルでMacにつないでテザリングを有効にするとネットにつながる

「HoRNDIS」インストール後、AndroidをUSBケーブルでMacにつないでテザリングを有効にするとネットにつながる


 
ただし、インストールする際、OS Xのセキュリティ設定によってはインストーラーが開けない場合があります。その際は、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」からこのインストーラーを開くようにしてください。

 
 

インストール時にセキュリティエラーが出た場合は、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」で「このまま開く」をクリックすればインストールできる

インストール時にセキュリティエラーが出た場合は、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」で「このまま開く」をクリックすればインストールできる


 
MacにiPhoneやiPadの組み合わせと比べるとマイナー感があるMacにAndroidの組み合わせ。しかし、ここまで書いてきたとおり、MacでもAndroidと組み合わせてできることはかなり幅広いです。「パソコンがMacだからAndroidを諦める」。そんな必要はもうありませんよ。

 
 
iPhone関連の人気記事をチェック

こちらの記事もご覧ください。