『アプリロック』~他人に触られたくないアプリはロック!多重パスワード設定や遠隔操作も可能な多機能セキュリティ~

アプリを起動したら、画面上部のタブから「設定」→「パスワード&パターンの設定」からロックの種類を設定しましょう。ロックのパターンは4種類。自分の使いやすいものを設定してください。
 
次にタブの「アプリロック」から、ロックをかけたりアプリを指定します。画面下の「+」ボタンをタップすると、アプリ一覧が表示されるので、チェックを入れてください。
 

アプリロック:設定画面(左)ロックをかけたりアプリにチェックを入れる(右)

アプリロック:設定画面(左)ロックをかけたりアプリにチェックを入れる(右)


 
また、チェックを入れたアプリの横にある「FAKE」をタップすると、アプリ起動時に強制終了のような画面が表示され、アプリ自体を起動できなくする事も可能です。
 
アプリロック:「FAKE」をタップして機能をONにする(左)「FAKE」機能がONの場合、アプリが起動できなくる(右)

アプリロック:「FAKE」をタップして機能をONにする(左)「FAKE」機能がONの場合、アプリが起動できなくる(右)


 
その他、ロック画面のカスタマイズや電話の発信、特定のWi-Fiに接続した際にロックするなど、様々な応用が可能です。主な機能を紹介します。
 

  • 監視機能:一定回数ロックに失敗すると、写真や動画撮影を行う
  • 追加パスワード:パスワードを2重にできる
  • リモートコントロール:SMSを利用して、端末のロックをON/OFFできる
  • 照明ロック:特定のアプリを実行中に、画面OFFにならないようにする
  • 回転ロック:特定のアプリを実行中に、横向きモードに変更できないようにする

 
まずは、アプリのロックを行い、必要であれば、その他の機能にもセキュリティ対策を施していきましょう。
 
ロックについては下記の記事もチェック!

 

こちらの記事もご覧ください。