『Samsung Power Sleep』~ガンやアルツハイマー病の研究に協力!寝ている間にスマホの処理能力を寄付できるアラーム~

Samsung Power Sleep

Samsung Power Sleep


『Samsung Power Sleep』は、60種類以上のサウンドが完備され、通常のアラームとしても優秀ですが、本アプリは特別な機能を持っています。
 
寝ている間に使わないスマホの演算能力を、ウィーン大学の研究チームのコンピュータへ提供し、コントリュビューション(寄付)します。そのエネルギーはガンやアルツハイマー病の研究に役立たれます。
 
寝ている間に、社会貢献ができるのは、うれしいですよね。

 
アプリを起動すると、アラームを設定します。起きたい時間や鳴らしたいタイミングをセットしてください。
 
計算処理は80%以上のバッテリーが必要なため、充電しながら利用することをおすすめします。
 
あとは、アラームが鳴ったら止めるだけ。使われたコントリュビューション量が表示されます。
 
Samsung Power Sleep:コントリュビューションした時間が記録される(左)豊富なアラーム音が入っている(右)

Samsung Power Sleep:コントリュビューションした時間が記録される(左)豊富なアラーム音が入っている(右)


 
目覚ましアプリとしても使いやすく、設定可能なサウンドは60種類以上。新しいアラームをお探しの方は試してみてください。
 
その他、便利なアプリをチェックしておこう!

こちらの記事もご覧ください。