【機種変更時】アプリ&セーブデータの移し方!古いスマホから新スマホへ移動する時の便利な方法

 

楽天Edyの場合、起動画面下部から機種変更の手続きが必要(左)新端末にて起動後、預けた情報を受け取ろう(右)

楽天Edyの場合、起動画面下部から機種変更の手続きが必要(左)新端末にて起動後、預けた情報を受け取ろう(右)


 
代表的なおサイフケータイサービスの移行手順の説明ページのリンクは下記になるので、利用しているサービスについてチェックしてください。
 
各おサイフケータイサービスの移行手順について

 
また『LINE』も電話帳やメールの移行と同じくらい、乗換え時のデータ移行は気になるポイントですが、こちら簡単に行えます。
 
アカウント情報のメールアドレスを登録して、トークのバックアップを作成しておけばOK。詳しいアカウント引き継ぎとトーク内容の移行方法は過去の特集記事で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてください。
 
『LINE』の移行について、詳細はこちら


 
 

必要なものだけ持っていこう

データ移行はしないけれど、便利だったアプリだけ新しいスマートフォンにもインストールしたい時にはGoogle Playから「マイアプリ」をチェックしましょう。過去にインストールしたアプリ一覧を確認できるので、あとは選んでインストールするだけ。
 
新たな環境に不要なアプリまでインストールせずに済みます。PCからGoogle Playのマイアプリを使えば、PC経由で新しいスマートフォンへ自動でインストールさせることもできるので便利。
 
また、初期設定時にバックアップ設定をONにすることで、機種変更時にダウンロードしているアプリのみをクラウドから一括で移動させることもできます。
 

Google playのマイアプリから必要なアプリだけ再インストール(左)Google Playのバックアップ機能を使う手もある(右)

Google playのマイアプリから必要なアプリだけ再インストール(左)Google Playのバックアップ機能を使う手もある(右)


 
最後に、消したくはないけれど新しいスマートフォンへ移動させるほどでもないアプリのデータや写真は、SDカードやクラウドサービスを活用してPCへ移しましょう。CDなどのメディアに焼いてしまうのもおすすめです。
 
一度使わなくなったスマートフォン内のデータは、それっきり目にする機会もなくなってしまいます(僕がそう)。外部メディアに保存しておくことで、情報の整理にもなりますし、いつか日の目を見るかもしれませんよ。
 
こちらの特集もチェック

 
今回の特集ではデータのスムーズな移行方法をいろいろ紹介してきました。自分にあった組み合わせで、上手なデータ移行に役立ててください。せっかくの新しいスマートフォンですから最高の環境で使い始めましょう。
 
機種変更する方はこちらの特集もチェック

 
新機種の詳細はこちら

こちらの記事もご覧ください。