「Chromecast」の使い方を紹介!Wi-Fiに簡単接続&テレビと接続して大画面でコンテンツを楽しもう

なお、Chromecastには好きな名前を入れることができます。私は「ちょろめ」という名前にしてみました。
 

アプリ『Chromecast』をインストール(左)Wi-Fi接続をしよう(右)

アプリ『Chromecast』をインストール(左)Wi-Fi接続をしよう(右)


 
これで使用準備完了です。面倒なアカウント作成やログイン作業、ペアリング作業などは一切ありません。
 
専用アプリ経由でWi-Fi接続するだけで、同じWi-Fiに接続しているAndroidスマートフォンやタブレット、iPhoneやiPad、パソコンで利用できるようになります。

 
 

動画サービスを使ってみよう

それでは、実際に動画サービスを利用してみましょう。今回利用するのは、世界最大級の動画サイト「YouTube」です。YouTube以外にも、いくつか公式対応サイトもあります。
 
手元にあるスマートフォンやタブレットで、アプリ『YouTube』を起動しましょう。AndroidでもiPhoneでもOKです。
 

画面上部のアイコンをタップすると動画がTVに表示される

画面上部のアイコンをタップすると動画がTVに表示される


目的の動画を表示させると、ディスプレイ上部に「□」のようなカタチのアイコンが表示されます。これが、Chromecastに表示させるスイッチなのです。Googleでは、この表現を「キャストする」と呼んでいるようですね。
 
「キャストする」アイコンをタップすると、どのChromecastに表示させるのか出てくるので、目的のキャスト名をタップします。そうすることで、スマートフォン上に表示されている動画コンテンツをテレビに表示できるようになります。

 

「TVに表示」か「キュー」か選択しよう

「TVに表示」か「キュー」か選択しよう


Chromecast接続状態でYouTubeの動画を選択しようとすると、「TVに表示」か「キュー」か、聞かれます。
 
「TVに表示」は、そのまま割り込み状態でテレビに目的の動画を表示させます。「キュー」は、次に表示させる動画として、動画リストにストックしておく機能です。

 

「キュー」を活用して、テレビ番組のように連続して動画を見られる

「キュー」を活用して、テレビ番組のように連続して動画を見られる


この「キュー」を使うことで、複数の動画を続けて流すことができ、まるでテレビ番組のように使えます。
 
なお、YouTube以外には、NTTドコモの「dビデオ(月額500円:税別)」や、KDDIの「ビデオパス(月額562円:税別)、6月上旬対応予定」にも対応している他、Google公式のビデオ配信サービス「Google Play Movies」や、総合動画サービスの『RealPlayer Cloud』にも対応しています。
 

 
 

写真や動画も表示できるChromecast

映画やドラマ、YouTubeの動画などを表示できるのはわかりましたが、「スマホで撮影した写真や動画は表示できないの?」と思った方、いえいえ、そんなことありません。
 
Chromecastはスマホで撮影した写真や動画も表示できます。表示させる方法は大きくわけて2つあります。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!