Wi-Fiのセキュリティも要注意!設定で見る「WEP」とは?「WPA」って何?

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Wi-Fiのセキュリティも要注意!設定で見る「WEP」とは?「WPA」って何?
Wi-Fiのセキュリティとは?

Wi-Fiのセキュリティとは?

Wi-Fiを利用する上で大事なセキュリティですが、そもそも「WEP」などの単語だけではわかりにくいと思います。ここでは、Wi-Fiのセキュリティについて解説しましょう。

 

モバイルデータ通信の通信量が増えず、大容量通信が快適に行えるWi-Fi。スマートフォンやタブレットを使う上で、Wi-Fiを使いこなすと便利になります。

 

しかしながら、気になるのはWi-Fi接続中の通信を「盗み見られる」こと。大切な情報を他の人に見られないようにする暗号化通信はいくつかありますが、スマートフォンの設定で出てくる「WAP」や「WPA2」など、英字や数字だけではわかりにくいですよね。いったいどれを選べばよいのでしょう。

 

 

セキュリティ設定「なし」「オープン」は避けるべき

まずWi-Fiの設定で、もっともするべきではないのがセキュリティをかけていない状態のものと接続することです。スマートフォン上の表示では「オープン」や「なし」と表示されます。

 

具体的には、公衆無線LANやフリーWi-Fiの無料アクセスポイントからネットワークにアクセスする際は、きちんと理解したうえで接続することが必要です。

 

これは、一切セキュリティをかけていない状態で、ネットワークに接続する際の接続設定(パスワードなどを入れる)をする必要がなく楽なのですが、逆に情報(通信内容)を盗まれる可能性が高く、もっとも危険である(脆弱性がある)とも言えるでしょう。

 

個人情報や、ネット銀行の利用情報、大切なユーザーIDやパスワードも盗まれてしまう場合があります。したがって、セキュリティ「なし」や「オープン」とは接続することを避けるべきです。

 

ちなみに、自宅のWi-Fiルーターや、持ち歩いているモバイルWi-Fiルーター、またはスマートフォンのテザリングをセキュリティのなし状態でWi-Fiを出している場合は、他社に勝手に通信されてしまう、またはなりすまして犯罪に利用されてしまう場合があるため、設定を見直すべきです。

 

無線LANは非常に便利ですが、暗号化をしなければユーザーの端末を危険に晒すことになります。特に、無料のアクセスポイントを利用して、インターネットに接続し、Webサイトやサービスのユーザー情報を打ち込みログインすると情報漏洩の可能性が高まります。

 

1 2 3
  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加