『Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -』~iPhoneで人気の手帳アプリ!メモやToDo管理もできる多機能さも魅力~

Lifebear - カレンダー・クラウド型システム手帳 -

Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 –


『Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -』は、カレンダー・ノート、ToDo等を一括で管理できる手帳アプリです。
 
iPhoneで非常に人気のあるアプリです。ブルーを基調としたデザインが見やすくスタイリッシュ。一方でかわいらしいクマのアイコンもあり、ビジネス用途にも普段使いにも男女問わず使えるアプリになっています。
 
※本アプリは、Android 4.0.3以上の対応です。

 

Googleカレンダーやジョルテと同期しよう

本アプリの主な機能は以下の通りです。

  • カレンダー
  • ToDo
  • ノート
  • フリーメモ(”日”に紐づくちょっとしたメモ)

 
また、「Googleカレンダー」のデータ利用や、Androidでは定番のカレンダーアプリ『ジョルテ』からの移行も簡単にできます(ただし、GoogleカレンダーのToDoは利用できない模様)。
 

Lifebear - カレンダー・クラウド型システム手帳 -:初回起動画面(左)Googleカレンダーを利用(右)

Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -:初回起動画面(左)Googleカレンダーを利用(右)


 
使い方は簡単です。アプリを最初に起動すると、(1)アカウントを作成する(2)『ジョルテ』から移行する(3)「Googleカレンダー」を利用する、の3項目を確認されます。
 
筆者は、「Googleカレンダー」を利用しているので、(1)作成なし、(2)移行なし、(3)利用するを選択し、さくっと準備完了できました。
 

シンプルながら見やすいデザイン

カレンダー画面とToday画面です。非常にシンプルで見やすいですね。画面下部のタブから「月」「週」「日」毎のスケジュール表示を切り替えられます。
 

Lifebear - カレンダー・クラウド型システム手帳 -:月表示のカレンダー画面(左)Today画面(右)

Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -:月表示のカレンダー画面(左)Today画面(右)

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

背景等のカスタマイズもできる

画面右下の「+」タップで追加画面、左下の「-」タップでメニュー画面が表示されます。
 
メニュー画面→「設定」で、アプリ起動時に表示されるデフォルト画面や背景色の変更ができます。またパスワードロックも設定できます。
 

Lifebear - カレンダー・クラウド型システム手帳 -:追加画面(左)メニュー画面(右)

Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -:追加画面(左)メニュー画面(右)


 
ToDo、ノート、フリーメモも簡単に操作できます。ToDo、ノートは「Project」や「Notebook」の名称でフォルダ管理ができ、地味に便利です。
 
Lifebear - カレンダー・クラウド型システム手帳 -:ToDo画面(左)ToDoフォルダ画面(右)

Lifebear – カレンダー・クラウド型システム手帳 -:ToDo画面(左)ToDoフォルダ画面(右)


 
デザインがよく、動作も大変軽く、非常に使い勝手のよいアプリと思います。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

こちらの記事もご覧ください。