LINEの保存期限に注意!写真が消える前に、知っておくべきこと

写真が消える前にチェックしよう!

写真が消える前にチェックしよう!


LINE』の写真がおおよそ2週間を過ぎると見られなくなる、ってご存知でした?
 
トークの画面上では見られますが、拡大表示ができなくなります。友だちから送られてきた写真を放置しているうちに2週間経過し、再送をお願いした経験がある人も多いはず!
 
今回は、それらを避けるための解決策と写真の整理方法を紹介します。



 
LINEの写真が消える前に、知っておくべきこと


 
 

写真をタップで閲覧できないを回避

期間が過ぎると保存できなくなるので注意!

期間が過ぎると保存できなくなるので注意!


写真が閲覧できない状況を回避する方法は簡単です。
 
友だちから送られてきた写真を、トーク上で画像をタップするだけです。なお、自分が投稿した写真は期限切れがありません。

 
同じ画面の下部にはいくつかメニューがあるのでご紹介します。
 
画面下部の共有ボタンを押すと、それぞれ「ホームに投稿」「他のトークへ送信」「その他アプリで共有」が行えます。特に「他のトークへ送信」は、もらった写真を転送をする際に役立ちます。おもしろ写真を別の友だちに送る時に有効です。
 

トーク画面上の写真をタップ(左)画面下部左の共有ボタンタップ時(右)

トーク画面上の写真をタップ(左)画面下部左の共有ボタンタップ時(右)


 
画像の下にあるのが加工ボタン。『LINE Camera』をダウンロードしていれば、写真の加工と保存、そのあとに友だちや「ホーム」へ投稿できます。
 
加工ボタン(左)写真の加工画面(右)

加工ボタン(左)写真の加工画面(右)


 
 

一覧から埋もれていた写真をひとまとめ

友だちやグループでトークをしていくと、写真はタイムラインから流れ、埋もれていきます。わざわざ遡って見にいくのは面倒ですよね。
 
そこで、写真の拡大表示画面右上にある「4つの正方形アイコン」をタップすると、友だちやグループでの各トークに投稿された画像を一覧で見ることができます。
 
これが非常に便利。過去に保存し忘れた写真が、拡大はできませんがトーク画面より少し大きなサイズで見られます。また、画面右下にある「保存」から写真を保存できます。「アルバム」と「端末」の指定が可能です。
 

写真の拡大表示画面(左)写真の一覧表示画面(右)

写真の拡大表示画面(左)写真の一覧表示画面(右)


 
「アルバム」は、指定した写真をひとまとめにできる機能。タイトルをつけて保存できるので、日付やイベントごとに整理できます。
 
作成が完了すると、トークに投稿され相手もチェックできます。自分が整理することで、友だちとの思い出を共有できて一石二鳥。それぞれのトーク上で作成できるため、友人関係を切り分けて管理できるのも利点です。
 
アルバムに入った写真はトーク上でタップされていなくても2週間を超えたあとの拡大表示が可能です。なお、複数人でのトークではアルバムを作成できませんのでご注意ください。
 
「アルバム」画面。タイトルをつけて整理できる(左)作成後はトークに投稿される(右)

「アルバム」画面。タイトルをつけて整理できる(左)作成後はトークに投稿される(右)


 
「端末」はその名の通り、写真を端末内に保存します。『LINE』でやりとりしたすべての写真を端末にまとめられるので、友だちやグループごとに写真を見るのが面倒な方におすすめです。
 
複数選択もできるので、とても使い勝手がいいですよ。また、期限切れの写真は選択できないので、どの写真が期限切れになっているのか見極められます。
 

写真をバックアップ

「端末」に保存した写真はどこに保存されているのか。
 
僕のスマホ「INFOBAR A02」で、ファイルマネージャアプリ『ES ファイルエクスプローラー』を使って調べたところ、「sdcard0/pictures/NAVER_LINE」にありました。
 
端末内に保存されていたので、これでは容量を圧迫してしまう可能性があります。そこで、SDカードかクラウドサービスにデータを移動させることにしました。
 
SDカードへの移動は、前述のアプリを使います。SDカードを指す「ext_sd」にLINEの写真用フォルダを作成。そこに「NAVER_LINE」内にあった写真を選択して移します。
 
SDカードへ移動が確認できたら、端末内にある画像を忘れずに削除しましょう。
 

『ESファイルエクスプローラー』画面。赤枠が写真の保存先(左)端末からSDカードへのデータ移動が完了(右)

『ESファイルエクスプローラー』画面。赤枠が写真の保存先(左)端末からSDカードへのデータ移動が完了(右)


 
クラウドサービスへの移動は、写真の共有ボタン→「その他アプリで共有」から『Googleドライブ』や『Dropbox』などを選択します。ただし、1点ずつしかバックアップできないので、複数選択する際手間がかかります。
 
複数バックアップをとる時は、端末の「写真」アプリから行うことをおすすめします。
 
その他、写真のバックアップについてはこちらをチェック!

 

「その他アプリで共有」からアプリを選択(左)端末の「写真」画面。アプリ選択後、複数の写真を指定できる(右)

「その他アプリで共有」からアプリを選択(左)端末の「写真」画面。アプリ選択後、複数の写真を指定できる(右)


 
また、友だちやグループの「トーク履歴をバックアップ」で「すべてバックアップ」をすれば、写真のPC保存も可能です。あくまで、トーク履歴のバックアップのため、投稿された写真はバックアップがとれていましたが、「アルバム」のバックアップはされていないようでした。
 
機種変更時のバックアップはこちらをチェック!

 
※Macでは、画像データとして読み込ませるためにわざわざ拡張子をつけないといけなかったです。おそらくWindowsならちゃんと画像で読み込まれるかと思います。
 
 
『LINE』で写真をやりとりすることは多いと思います。おでかけすることが増えるこの時期、友だちとの思い出をいつまでも残しておくためにも実践してみてください♪
 
 
LINEについてはこちらもチェック!

チョロQ チョロQMIX QM-04 LINE (コニー) 完成品
  • タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • 価格  ¥ 913
  • 販売者ハグ・ベア【※正規取り扱い店です!!】
Amazonで商品を見る

こちらの記事もご覧ください。