【iPhoneやAndroid】スマホが熱い!猛暑到来で知っておきたい熱さ対策と対処法

【iPhoneやAndroid】スマホが熱い!猛暑到来で知っておきたい熱さ対策と対処法

【iPhoneやAndroid】スマホが熱い!猛暑到来で知っておきたい熱さ対策と対処法


夏到来。暑い季節の熱中症に注意したいのは何も人間だけとは限りません。あなたのスマートフォンだって注意しないといけないのです。
 
本記事ではそんなスマートフォンの猛暑対策について、ご紹介します。

 

スマホには使用に適した温度がある

AndroidやiPhoneといったスマートフォンは精密機械なので、実は非常に熱に弱い機器なのです。特にスマートフォンのバッテリーは自ら発熱するパーツでありながら、熱に弱いという特性をもっています。
 
バッテリーメーカーのリチウムイオン電池に関する技術資料によると、充電時は「0度~40度」、放電時は「0度~60度」が推奨温度範囲と定められています。CPUはパソコンでもスマートフォンでも約100度までは大丈夫だと言われているので、バッテリーは大変熱に弱いと言えるでしょう。
 
例えばiPhoneは35度までの場所で使うことが前提とされています。バッテリーの暑さが60度以上になることを予防するために、この温度に余裕をもって設定されているようです。
 

炎天下での使用や放置は非常に危険

真夏の直射日光で熱せられると、想像以上の高温になります。気温36度の晴れた日の午前中であれば、ベンチで約62度、公園の砂場で約75度までに温度が上昇するといいます。
 
また黒い塗装の自動車では約80度に熱せられるので、黒いスマートフォンも直射日光下に放置していると、同じくらいの影響があるかもしれません。
 
自動車といえば、車内にスマートフォンを放置した経験はないでしょうか。炎天下に駐車したクルマのダッシュボード付近は約80℃、車内中央部でも約60℃まで温度が上がります。車内のスマートフォンの放置は屋外より厳禁と言えるでしょう。
 

公園のベンチなどに放置するだけでスマホが熱中症に

公園のベンチなどに放置するだけでスマホが熱中症に


 
それでは、スマートフォンが長時間に熱せられたり、限界温度を超えるとどうなるのでしょう。もちろん、外装の変形や内部の故障を引き起こします。バッテリーに関しては最悪爆発事故をひきおこす可能性もあります。
 
また、真夏の屋外でスマートフォンを使っているとバッテリーの減りが早い気がした経験はないでしょうか。実はこの温度による性能の変化は、バッテリーの温度を調整するために起こっている現象なのです。
 
暑いのも寒いのもダメ!バッテリーの検証はこちらをチェック

 

もしも熱くなってしまったら…知っておきたい対処法

iPhoneやAndroidスマートフォンで「熱くなっています」などの警告が出たり、手で持てないくらい熱くなったら、以下の対処方法を試してみましょう。
 
<1.電源を落とす。または機内モードにする>
意外に思うかもしれませんが、通信を止めるだけでスマートフォンの温度の上昇を防ぐことができます。
 

フライトモードも有効な冷却対策になる

フライトモードも有効な冷却対策になる


思いきって電源を落としてしばらく放置するのがベターですが、音楽などを聴いていると場合は、しばらく機内モードにして通信を切断してみるのも有効な手段です。
 
機内モードについて、詳しくはこちら

 
<2.涼しい屋内でゆっくりと冷やす>
急激な温度差も精密機械のスマートフォンには厳禁です。
 
風通しの良い木陰や冷房の効いた室内のテーブルの上などで自然放熱をして冷ましましょう。間違っても冷房の吹き出し口に置いたり、冷蔵庫に入れたりしないようにしましょう。
 
また、防水対応のだからといって冷水で冷やすのも避けましょう。
 
<3.バッテリーが外せる機種は外す>
iPhoneのようなバッテリー内蔵式のスマートフォンでは不可能ですが、裏ぶたとバッテリーを外して放置するだけでも、冷却にかなり効果があります。
 
バッテリーが脱着できるスマートフォンでは、おすすめな手段です。
 
<4.熱いまま充電はしない>
例え涼しい部屋に移動したとしても、本体が熱いままなら充電をしてはいけません。充電をする事でスマートフォンは発熱します。
 
本体が熱いままの充電は冷却の妨げになるだけでなく、バッテリーに負荷をかけ、寿命を短くしてしまう可能性もあります。
 
 
いかがでしたか?このように真夏の炎天下では、人間だけでなくスマートフォンも熱中症に気をつけなくてはなりません。水分補給や水浴びなどで対処できないスマートフォンは、空冷だけが唯一の冷却手段です。
 
屋外ではできるだけ風通しの良い日陰で利用するようにして、温度の上昇を未然に防ぐようにしましょう。
 
スマホのトラブルについては、こちらの記事もチェック

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!