「OK, Google(オーケーグーグル)」が日本語にも対応!「Google検索」の未来がおもしろい

まず、前者を有効にするには、音声検出の設定で「任意の画面から」にチェックを入れます。チェックを初めて入れる際には、利用許諾に同意し、3回「オーケーグーグル」と話しかけて音声モデルを作成する必要があります。
 

Android 4.1/4.2端末の音声検出設定(左)とAndroid 4.3/4.4端末での音声検出設定(右)。日本語環境では現状、両者ともに使える機能は実質変わりない

Android 4.1/4.2端末の音声検出設定(左)とAndroid 4.3/4.4端末での音声検出設定(右)。日本語環境では現状、両者ともに使える機能は実質変わりない


 
前者が有効になると、「ロック画面から」にチェックを入れられる状態になります。後者の機能を使いたい場合はここにもチェックを入れましょう。
 
検索言語がアメリカ英語なら、任意の画面、充電中、ロック画面表示中にも「オーケーグーグル」で音声検索できる。現在のところ、日本語を含め、他の言語でも使えない

検索言語がアメリカ英語なら、任意の画面、充電中、ロック画面表示中にも「オーケーグーグル」で音声検索できる。現在のところ、日本語を含め、他の言語でも使えない


 

ホーム画面から「オーケーグーグル」する方法

上で挙げたとおり、アメリカ英語でなら、ホーム画面を含めていつでも「オーケーグーグル」できますが、日本語環境でも、ホーム画面に表示中ならいつでも「オーケーグーグル」できるようにできます。
 
この機能の利用の可否はホームアプリに依存します。現在のところGoogleがNexusシリーズ端末向けに提供している『 Google Nowラウンチャー』か、andronaviでもレビュー済みの『Nova Launcher』で使えることが確認できています。
 

『Nova Launcher』を使うと、ホーム表示中ならいつでも「オーケーグーグル」で音声検索が起動する設定も可能

『Nova Launcher』を使うと、ホーム表示中ならいつでも「オーケーグーグル」で音声検索が起動する設定も可能


今回は、より多くのユーザが使える『Nova Launcher』の設定方法をご紹介しましょう。
 
『Nova Launcher』のインストール後、Nova設定から「Ok Google」の項目に行き、「注目ワード『Ok Google』」にチェックを入れると、『Nova Launcher』が表示されている間、「オーケーグーグル」と話しかけることで音声検索が起動できます。

 
アメリカの英語環境では、一足先に手を触れずにGoogle検索できる環境が整い、日本語環境でも「オーケーグーグル」で検索できるようになって、その状況に一歩近づきました。
 
Google検索アプリによる完全対応を待ちたいところですが、ホーム画面に限るものの、それに近い状況を作り出せるようになっています。皆さんも、ぜひ「オーケーグーグル」を試してみてください!
 
Googleサービスについてはこちらもチェック

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!