『LinkSwipe』~画期的!URLにジャンプする時に、2つ以上のパターンを作り出せる~

LinkSwipe

LinkSwipe


Twitter』や『Facebook』でタイムラインに流れてくるURLや、ブラウジング中に気になるページに移動する際、通常はブラウザアプリが起動されて、次のページに遷移します。
 
『LinkSwipe』は、その移動する時にワンアクション加えることで別の行動を起こすことができます。
 
ちょっと難しそうに感じますが、操作自体は簡単です。
 
※本アプリは、Android 4.0.3以上の対応です。

 
 

アプリを起動後、まずは設定です。無料版では、「タップ時のアクション」と、「タップ+左へスワイプ時」の2アクションが利用できます。
 
まずは「Default(tap)(タップする)」です。ブラウザアプリの選択になります。通常は、URLや記事リンクをタップするとブラウザが開いてその記事に飛ぶのと同じ内容なため、ここでは好きなブラウザを選択しましょう。
 
次に、「Tap and swipe left(タップ後、左にスワイプ)」です。ここでは「Open in browser(ブラウザを開く)」「Share link(別のアプリにリンクを共有する)」「Open share chooser(共有ボタンを開く)」「Copy link to clipboard(クリップボードにコピー)」「Cancel link(キャンセル)」「No action(何もアクションしない)」のいずれかが選べます。
 

LinkSwipe:無料版は2つのアクションだけ選べる。有料版なら行動数に応じてアクションが増やせる

LinkSwipe:無料版は2つのアクションだけ選べる。有料版なら行動数に応じてアクションが増やせる


 
例えば、『Twitter』で友人がオススメしてきたURLがあったとします。それを開くと面白い記事で、『LINE』で共有したくなった際にどうしていますか?通常は、記事のURLをコピペして、『LINE』アプリを起動し、投稿する。という手間がかかります。
 
LinkSwipe:設定するとひと目でわかるので間違うことがない(左)すぐに共有できて便利!(右)

LinkSwipe:設定するとひと目でわかるので間違うことがない(左)すぐに共有できて便利!(右)


 
しかし、本アプリで動作を設定しておけば、『LINE』などのアプリがすぐに開いてURLを展開できます。特定のアプリを利用している方はもちろん、共有先が毎回違う方や、そこまでシェアする頻度が少なくても、たまにURLをコピペする程度でも、 十分に活用できます。
 
サポートアプリとして優秀なので、インストールしておくと便利です。
 
他にも便利なアプリが揃っています!

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!