『Past Notifications – 過去の通知履歴 -』~スマホに届いた通知を記録して、後からいつでも見られる!~

Past Notifications - 過去の通知履歴 -

Past Notifications – 過去の通知履歴 –


『Past Notifications – 過去の通知履歴 -』は、通知の履歴を記録しておけるアプリです。
 
新着メール、ニュース等のお知らせ、電話の着信などは、通知領域に表示されます。「後から確認するつもりだったのに、誤って消してしまった」という経験はありませんか?
 
そんな時に本アプリは役立ちます。万一、通知領域の表示を消してしまっても、本アプリで確認できます。あらゆる通知が通知領域には表示されますので、入れておくと非常に便利なアプリです。

 
利用するには、端末の「設定」→「ユーザ補助」から、本アプリを有効にする必要があります。あとは、自動的に通知を記録してくれるので、とくに操作等は必要ありません。
 
Past Notifications - 過去の通知履歴 -:端末の「ユーザ補助」から本アプリを有効に(左)通知領域にアイコンが常駐。表示しないこともできる(右)

Past Notifications – 過去の通知履歴 -:端末の「ユーザ補助」から本アプリを有効に(左)通知領域にアイコンが常駐。表示しないこともできる(右)


 
通知記録を確認するには、通知領域に表示されたアイコンをタップしましょう。履歴の一覧が見られます。タップすれば、ポップアップで表示されるので見やすいですよ。
 
また、アプリ別に履歴を確認できます。これは便利ですね。『Facebook』等のSNSやGmail、ゲームアプリからのお知らせなど、自分が優先して見たいものを選べます。
 
Past Notifications - 過去の通知履歴 -:アプリ別に通知履歴を確認できる(左)通知をタップするとポップアップされる(右)

Past Notifications – 過去の通知履歴 -:アプリ別に通知履歴を確認できる(左)通知をタップするとポップアップされる(右)


 
よく通知がきて邪魔だなと思うものや、スクリーンショットの保存等の通知など、とくに記録する必要がないものは「無視リスト」に追加しましょう。無視リストへの追加は、「アプリ別」からアプリ名を長押しして、「無視リストに追加」をタップするだけです。
 
Past Notifications - 過去の通知履歴 -:不要な通知は「無視リスト」に追加しよう

Past Notifications – 過去の通知履歴 -:不要な通知は「無視リスト」に追加しよう


 
その他、アプリのアンインストールも可能です。通知記録は2000件まで保存できます。設定から記録件数は変更できるので、好みに応じて変えてください。
 
他にも便利なアプリが揃っています!

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!