『Sliding Explorer』~行方不明のファイルを探しやすいUI!もちろん圧縮も可能~

Sliding Explorer

Sliding Explorer


撮った写真が見つからなかったり、せっかくダウンロードしたPdfファイルがどこかに消えてしまったり…。何度も同じファイルを取得すると重複して容量を圧迫する要因にもなりかねません。
 
ファイラーアプリとして、初心者でも使いやすいのが『Sliding Explorer』です。シンプルなUIでありながら操作性に優れ、しかもZIPファイルへと圧縮も可能です。

 
 

アプリを起動後、ファイルが一覧で表示されます。個別のフォルダを見てゆき不要なファイルを削除、整理するとよいでしょう。
 

Sliding Explorer:ファイル(フォルダ)が一覧で出てくるので、検索や順番を変えると探しやすい

Sliding Explorer:ファイル(フォルダ)が一覧で出てくるので、検索や順番を変えると探しやすい


 
上部の虫眼鏡をタップすると検索ができます。行方不明のファイルや画像があればここから検索をします。
 
Sliding Explorer:出てきたファイルは削除はもちろん圧縮もできる(左)細かい配慮だがアプリの設定を変えられるのもうれしいポイント(右)

Sliding Explorer:出てきたファイルは削除はもちろん圧縮もできる(左)細かい配慮だがアプリの設定を変えられるのもうれしいポイント(右)


 
特徴的なのは、見つかったファイルを長押し→右上の三点を選ぶと、「ファイルを圧縮」が登場し、ZIPファイルにできます。友達に写真やデータを送る際に役立ちます。
 
ファイル管理アプリならこちらもチェック!

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!