『合成写真 私じゃん!』~東京の巨大看板に自分が出現!?笑える加工アプリ~

合成写真 私じゃん!

合成写真 私じゃん!


東京都心部にあるビルボード広告やふとした場所をモチーフにしたフレームに、顔写真を合成できる『合成写真 私じゃん!』。
 
正直くだらなそうなアプリ(失敬)…だから、私、すべりんに執筆依頼がきたわけですね。笑いのとれない男がこのアプリで笑いをとれるよう、使ってみました!

 

オモシロ写真を作ろう

画面中央部にある顔のシルエットをタップすると「顔写真を選ぶ」画面に移動します。そこで、カメラかギャラリーから写真を取り込みます。あとは好きなフレームを選択するだけ。簡単です。
 
僕は『LINE』のジェームズに扮した写真でチャレンジ。見ての通り、すべりんの名のもとに見事にすべっている写真です…。えー、自分のことは自分が一番わかっています。
 

合成写真 私じゃん!:「顔写真を選ぶ」画面。枠は4つある(左)東京から海外まで揃う「フレーム選択」画面(右)

合成写真 私じゃん!:「顔写真を選ぶ」画面。枠は4つある(左)東京から海外まで揃う「フレーム選択」画面(右)


 
まずは、東京の某スクランブル交差点のビルボード広告に自分の顔を表示させてみました。新譜を出したトップアーティスト気分です。例えて言うなら、浜崎あゆみ的な。え? 例えが古い?? まぁ、いいじゃないの〜。
 
合成写真 私じゃん!:都内の有名スクランブル交差点(左)原宿の某ビル(右)

合成写真 私じゃん!:都内の有名スクランブル交差点(左)原宿の某ビル(右)


 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロードする

 

変(?)なフレームを駆使してオモシロ写真を作ろう

続いて、東京のシンボルといえる○カイツリーが見える風景にあわせてみました。さて、僕はどこでしょう? このように、「ウォーリーを探せ」みたいな遊び方もできますよ。
 
北インド以降、海外フレームだと難易度アップ。このフレームを作った意図は何なのか?と思うほど、さりげない位置にいますよ。
 

合成写真 私じゃん!:○カイツリー(左)「北インドその2」より。どこにいるかわかるかな?(右)

合成写真 私じゃん!:○カイツリー(左)「北インドその2」より。どこにいるかわかるかな?(右)


 
続いて、どういう意味でこのフレームを作ったのかよくわかりませんが、パッと見、心霊写真にしか見えないものも。季節外れの『あなたの知らない世界』状態です。ヒエ~。
 
合成写真 私じゃん!:なぜか西川口駅のホーム。電車の窓に…(左)トイレの鏡に映る、私…(右)

合成写真 私じゃん!:なぜか西川口駅のホーム。電車の窓に…(左)トイレの鏡に映る、私…(右)


 
お札のフレームもあります。合成すると、見事に溶け込みました。しかし、お札に印刷されている方は手書きの偉人、というわけで、写真が手書き風に仕上がる『スケッチグル』で加工した写真を当て込んでみました。どうです? 本物っぽくなってるでしょ。
 
合成写真 私じゃん!:米ドルフレームで試しました。通常の写真(左)手書き風の加工済み写真を合成(右)

合成写真 私じゃん!:米ドルフレームで試しました。通常の写真(左)手書き風の加工済み写真を合成(右)


 
これらの写真は共有・保存はもちろんですが、フレームの各カテゴリ画面右上にある「スライドショー」で加工後の写真を見られます。写真のどこに自分が合成されているか見せてくれます。これが、なかなかおもしろいので、お試しください。
 
使っていて感じたのは、一度写真を選ぶと削除できず、そのためには別の写真を選択する必要があること。簡単に使えるがゆえ、もう少し気配りがほしいところ。
 
日常の自撮りに少し個性を出したい、友だちの写真をおもしろおかしくカスタマイズしたいときに使ってみてください。
 
他にも便利なアプリが揃っています!

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!