『パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応)』~スマホ内でID/PWを完全管理!呼び出しもマッシュルームで簡単~

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応)

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応)


『パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応)』というアプリをご紹介します。本アプリは、IDとパスワードを端末内で管理するアプリです。
 
以前、ご紹介した『LastPass Password Mgr Premium*』と同じ目的のアプリですが、クラウドで共有ができないアプリです。
 
その代わりという訳ではないと思いますが、データのバックアップ、パソコンでの編集ができるため、とても便利に使えます。

 

起動はパスワードでガード!

冒頭の画面は初期起動時の画面ですが、まずは本アプリを起動するためのパスワード設定からスタートします。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):マスターパスワードの設定

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):マスターパスワードの設定


 
設定後は基本的に起動する度に、設定したパスワードの認証を要求されます。
 

パスワードを追加しよう

下記画像はみろいどが色々と登録した状態の図です。自分で「カテゴリ」を作ることができますので、何のIDとパスワードなのかを整理できます。
 
最近は、ネイティブアプリを使われる方が多いので、初めにIDとパスワードを入力してしまったらもう使わないことが多いのですが、だからこそ忘れてしまうので記録は重要です。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):パスワード管理画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):パスワード管理画面


 
登録や設定などは画面の下に並んでいる4つのタブをタップすることで設定が可能です。左から
 

  • 丸+のマーク:ID/パスワードの情報の追加
  • 虫眼鏡マーク:登録したID/パスワード情報の検索
  • フォルダマーク:カテゴリの編集
  • レンチマーク:このアプリの詳細設定

 
また、「丸+マーク」をタップすると登録画面が出ます。設定項目は以下の通りです。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):パスワード登録画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):パスワード登録画面


 

  • タイトル
  • ユーザID
  • パスワード(自動生成ができます)
  • カテゴリ
  • URL(入力するページなど)
  • 備考

 
パスワードは手入力もできますが、例えばSNSなどに登録する時に、自動生成を利用すればパスワードを何にするか悩む必要もなく推測されにくいパスワードにすることができます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

実際に使ってみましょう

Yahooメールにログインする流れでご紹介します。起動画面の所から、「Yahoo」をタップします。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):登録したパスワード(左)Yahoo!メールのログイン画面(右)

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):登録したパスワード(左)Yahoo!メールのログイン画面(右)


 
タップすると、登録した画面が現れますので、下の方の「URL」の右、地球のマークをタップします。すると、ブラウザが起動して登録URLのログイン画面が現れます。
 
まず、IDの入力部分をタップし、日本語入力から「マッシュルーム」を起動します。
 
パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):マッシュルームの起動画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):マッシュルームの起動画面


 
マッシュルームの起動方法は、OSバージョンやAndroidによって違いますが、みろいどの端末では、キーボード左下の「あa」を長押しすると、メニューが現れます。
 
マッシュルームの起動をすると、本アプリを選択する画面が現れます。(他にマッシュルーム対応アプリが無ければ、この画面はスキップされます)
 
本アプリを選択すると、起動画面と同じ画面が現れますので、対象の登録情報をタップします。タップすると、ID/パスワードなどを選べるようになりますので、ここでは、「ユーザIDの取得」を選びます。
 
パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):アプリを選択するとパスワード一覧画面が表示(左)入力したい情報を選択(右)

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):アプリを選択するとパスワード一覧画面が表示(左)入力したい情報を選択(右)


 
すると、ブラウザのIDの欄に、登録していたIDが自動で入力されます。同様に、パスワードの部分も繰り返し行うことで、一切キー入力をしないでログインすることができます。
 
パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):自動でIDやPWが入力される

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):自動でIDやPWが入力される


 
しかし、最近はパソコンでもあることなのですが、ブラウザのセキュリティのためか、他のアプリケーションがブラウザの入力欄に自動的に貼り付けをすることをさせないようにしているものがあります。
 
この場合、マッシュルームからの入力がうまく行かない場合があります。(みろいどが使ったChromeもそうでした。)
 
これは、後でご紹介しますが、設定で回避することができます。入力するのに1ステップ増えますが、ログイン画面の入力枠の中で「貼り付け」を行うことで入力できます。
 

ポイントとなる設定

設定項目は割と多いところですが、ポイントだけを紹介します。画像は起動画面の設定をタップすると現れますが、以下の点をピックアップしてご紹介します。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):重要な設定を紹介

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):重要な設定を紹介


 

  • マッシュルーム利用時のパスワードスキップ
  • マッシュルームの設定(上記マシュールームによる貼り付けがうまく行かない対処)
  • データのバックアップ/復元

 
メニューとトップから、「マッシュルームの連携機能設定」を選ぶと下記画像のメニューが現れます。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):「マッシュルームの連携機能設定」画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):「マッシュルームの連携機能設定」画面


 
「マッシュルームからの起動時」の設定は、チェックを外すと先ほどご説明した流れで、直ぐにこのアプリが立ち上がりますが、チェックすると起動パスワードを聞かれるようになります。セキュリティを重視するか、使い勝手を良くするか、という選択になります。
 
「マッシュルームと同時にクリップボードにコピーする」をチェックしておくことで、先ほどマッシュルームからの入力がうまく行かない場合、直ぐに「貼り付け」ができます。
 
「パス管理データのバックアップと復元」をタップすると下記画面が現れます。上から
 
パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):「パス管理データのバックアップと復元」画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):「パス管理データのバックアップと復元」画面


 

  • デフォルトファイル名で、このアプリのフォルダにバックアップされます
  • 場所と名前を指定してバックアップを作成することができます。
  • 保存したバックアップファイルの復元や他の端末へのコピーに利用できます。

 
保存の時に復元する時のパスワードを必ず設定するようになりますので、ファイルを他の人に使われることを防ぐことができます。また、ファイル自身は、強力な暗号化がされているとのことで安心です。
 

パソコンで利用も可能

パソコン用のアプリケーションも「Google Play」上にリリースされており、Androidにインストールして実行すると、パソコン用のプログラムを取得することができます。
 

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):PCでの画面

パスワード管理アプリ SIS-パス管理(マッシュルーム対応):PCでの画面


 
パソコンでは、先ほどバックアップしたファイルを読み込むことが可能で、画像のような状態で登録、編集もできるようになっています。パソコンとの連携やパソコンでのまとまった登録などができてとても便利です。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

こちらの記事もご覧ください。