ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)だから速い?モバイルルータによるインターネット接続のよくある勘違い

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)だから速い?

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)だから速い?


外出先で「モバイルWi-Fiを使っているから、ここでも早いよ」なんてタブレットを使ってる人に言われたりしませんか?
 
「自分のスマホの回線はLTEだけど、モバイルWi-Fiに接続した方が通信速度が速い」と思っている方に、モバイルWi-Fiルータによる通信の仕組みと、よくある誤解についてご紹介したいと思います。

 

Wi-Fiの仕組みをおさらいしてみよう!

今では「無線LAN=Wi-Fi」と言われていますが、Wi-Fiは無線LANの規格の一種です。
 
通常、パソコンではLANケーブルに接続してインターネット通信を行いますが、この線を有線から無線に変えて通信することをWi-Fiというのです。固定電話でいうところの“コードレス電話”といったところですね。家庭内で、固定回線からルータを使用してWi-Fiに接続している場合は、電波を飛ばすルータまでは光回線やブロードバンド回線です。
 
そして、ルータからスマホやタブレットをつなぐ回線が無線になります。「家でWi-Fiに接続すればパケット代がかからない」と言われるのは、ルータが接続されて通信している回線が携帯キャリアの通信を使っていないからです。つまり、通常、容量制限のない固定回線を使ってインターネットを接続を行っているためパケット通信料が発生しません。
 

Wi-Fiによる通信の仕組み

Wi-Fiによる通信の仕組み


 

モバイルWi-Fiルータの場合

では、モバイルWi-Fiはどうでしょう?
 
モバイルルータからタブレットやスマホに送受信されている電波は家庭のWi-Fiと同じです。ですが、モバイルルータがインターネットに接続する際は携帯キャリアの回線を利用しています。
 
ドコモやau、SoftBankであれば3GやLTEを、WiMAXであればWiMAXやWiMAX2+の電波を使って通信しています。よって、家庭での利用とは似て非なるもので、容量制限のない固定回線と違い携帯キャリアの回線を利用しているためパケットを消費して通信することになります。
 

モバイルルータはキャリアの電波でインターネットに繋がっている

モバイルルータはキャリアの電波でインターネットに繋がっている


 
モバイルWi-Fiルーターをチェック!!

 

こちらの記事もご覧ください。