今春の注目スマホ「INFOBAR A03」使用感レポート~すごく真面目に、時々“逸般”視点で~

 
前作の「INFOBAR A02」(HTC製)でもこのような仕様になっています。しかし、この場合、画面にシステムキー領域があるため、アプリの作り方によっては画面一杯に表示ができない場合があります。筆者がよく使っている『 niconico』アプリがその典型例です。
 
その点、「A03」ではシステムキーがタッチセンサーとして画面外に出ているので、どのアプリでも画面をめいっぱい使うことができます。より画面表示に没入しやすいのはとても良いことです。
 

システムキーが画面外にでたおかげで、画面一杯にニコニコ動画を楽しめる(動画は筆者が個人的にアップしたもの)

システムキーが画面外にでたおかげで、画面一杯にニコニコ動画を楽しめる(動画は筆者が個人的にアップしたもの)


 
また、このシステムキー、すべりん氏のレビューでも触れているとおり、設定をするとなぞってスリープ解除できます(スマートスイッチ)。
 
端末設定の「画面」項目でスマートスイッチを設定すると、システムキーを左からスワイプしてスリープ解除ができる

端末設定の「画面」項目でスマートスイッチを設定すると、システムキーを左からスワイプしてスリープ解除ができる


 
多くのAndroidスマホでは電源キーでのみスリープ解除できるようになっている中、電源ボタンに手を伸ばさずにそれができるのは本当に便利です。

 

京セラならではの便利機能も充実!

「A03」は冒頭にも書いたとおり、京セラ製です。京セラのスマホならではの便利機能は「A03」でもいくつか搭載されています。
 

京セラ製スマホの便利機能も使える。「オートアシスト」(左)や「付箋メモ」(右)はその例

京セラ製スマホの便利機能も使える。「オートアシスト」(左)や「付箋メモ」(右)はその例


 
例えば、ユーザの状況を検出してマナーモードを自動設定したり、目覚まし時計のスヌーズを自動解除したりする「オートアシスト」、カメラのLEDライトを懐中電灯代わりに使える「簡易ライト」や通知パネルにメモを貼り付ける「付箋メモ」が「A03」でも使えます。
 
「簡易ライト」も京セラは以前から用意している機能。「A03」のLEDライトはかなりまぶしいので、結構便利に使えるはず。ちなみに、ライト点灯中は画面の輝度を落とすという気配りぶりも

「簡易ライト」も京セラは以前から用意している機能。「A03」のLEDライトはかなりまぶしいので、結構便利に使えるはず。ちなみに、ライト点灯中は画面の輝度を落とすという気配りぶりも



 

やっぱこれだね!「au VoLTE」

「A03」は2014年冬モデルの一部から対応が始まった「au VoLTE」に対応しています。「シンクコール」が結構注目されるところですが、auの3G通信規格(CDMA2000)ではできなかった通話と通信の両立(コンカレント通信:詳しくはこちら)がすごく魅力的です。

こちらの記事もご覧ください。