【iPhone対応】今さら聞けないTwitter~トレンド機能を活用して、HOTな話題を確認!~

今さら聞けないTwitter~トレンド機能を活用~

今さら聞けないTwitter~トレンド機能を活用~


Twitter』を使ってる読者の皆さんの中には、タイムラインを眺めていると「あれ?みんな同じような話してるけど、いったい何なんだろう?」と思ったりしたことはないでしょうか?
 
『Twitter』の特徴はアクティブ率が高く、手軽さから話題の展開速度も非常にタイムリーです。ですから、話題に追いつけない感じがすることもあるわけです。
 
むしろ、その特徴を上手く利用すれば、旬な話題をニュースサイトや他のSNSより早く、情報収集に活用できたりするわけです。

 
と、簡単に書いてはみましたが、読者の皆さんの中には「そうは言うけど、『Twitter』でどうやって今話題になっているものをピックアップするの?」とお思いのかたも多いのではないでしょうか。
 
そこで、旬の話題をいち早く見つけられる「Twitterのトレンド機能」をご紹介します。
 

トレンド機能って何?

トレンドとは、現在、Twitterユーザの間で盛り上がっている話題を確認できる機能です。リアルタイムで更新されているので、まさに今、流行している話題を確認できます。
 
2015年3月27日13時30分現在、何が流行っているのかトレンドで確認してみましょう。この時間は「株主総会」がトレンドになってます。ニュースで確認していたところ、どうやら「大川家具騒動・娘が勝利」という速報がTwitterを賑わせていたようです。
 

この時は「株主総会」がトレンドに

この時は「株主総会」がトレンドに


 
それでは、早速、トレンド機能の使い方をご紹介しましょう。
 

トレンド機能の使い方<Androidの場合>

先ずはAndroidスマートフォンの『Twitter』アプリでのトレンド機能です。
 
画面上のメニュー「見つける」をタップすると「トレンド」の項目が現れます。さらに「トレンド」をタップすると、今、話題になっていることが一欄となって表示されます。
 

「見つける」をタップ(左)「トレンド」をタップすると、話題になっていることが表示される(右)

「見つける」をタップ(左)「トレンド」をタップすると、話題になっていることが表示される(右)


 
「リストを表示」をタップすると、トレンドワードの一覧を確認できます。
 
トレンド画面(左)リスト表示画面(右)

トレンド画面(左)リスト表示画面(右)


 
さらに地域を指定して、指定したエリアのトレンド情報だけを表示することもできます。「東京」のトレンド、「アメリカ」のトレンドなど、自分の住まいやこれから行く地域にあわせて検索してみても面白いですよ。
 
トレンドの画面の右上にあるメニューボタン(3つの縦の点)をタップして、「トレンドの地域を変更する」をタップします。あとは自分で入力したり、選択肢から選んだりするだけです。簡単ですね。
 
画面右上のメニューをタップ(左)「トレンドの地域を変更する」から好きな地域名を入力しよう(右)

画面右上のメニューをタップ(左)「トレンドの地域を変更する」から好きな地域名を入力しよう(右)


 

トレンド機能の使い方<iPhoneの場合>

iPhoneのTwitter公式アプリでトレンドを見る操作手順はAndroidと異なります。タイムラインの画面を左にスライドし、「見つける」の画面に移動します。
 

タイムライン画面を左にスライドする(左)「見つける」の画面(右)

タイムライン画面を左にスライドする(左)「見つける」の画面(右)


 
「トレンドをさらに表示」をタップして下さい。「リストを表示」をタップすると、トレンドワードの一覧を確認できます。
 
トレンド画面(左)リスト表示画面(右)

トレンド画面(左)リスト表示画面(右)


 
iPhoneは地域の設定変更ができませんが、AndroidやPCから地域を変更すると、同じアカウントでログインすれば変更が反映されます。
 
このように『Twitter』のトレンド機能は簡単に利用でき、今、この瞬間に多くの全国各地のTwitterユーザーがついぶやいている旬な話題を調べることができるのです。
 
簡単に利用できますので、是非、この機会に活用されてみてはいかがでしょうか?
 
Twitterについてはこちらもチェック

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!