【全端末・全キャリア対応!】「docomo ID」(dアカウント)ってなんだ~取得方法から活用方法、困った時のQ&A~

 
<ドコモ回線と結び付いたIDの場合>
パスワードの変更、またはIDの変更(再取得)するとロックを解除できます。
 
対象回線でspモード/mopera U/iモードを契約している場合、パスワードやIDの変更は以下の手順で変更できます。なお、iモード以外でパスワードを変更する場合、旧パスワードも必要ですので、A1で解説した方法で事前に確認しておいてください。いずれの場合もネットワーク暗証番号が必要です。
 
(spモード)
「dメニュー」→「お客様サポート」→「サービス・メールなどの設定」→「docomo IDメニュー」→「docomo IDを変更する」/「パスワードの変更・ロックを解除する」
※無線LAN(Wi-Fi)アクセス中、またはテザリング中の場合は、これらの機能をオフにしてください。
 
(mopera U)
docomo IDメニューにアクセス→「docomo IDを変更する」/「パスワードの変更・ロックを解除する」を選択
※サイトにアクセスする際、ネット接続がmopera Uになっていることを確認してください。
 
(iモード)
「iMenu」→「お客様サポート」→「各種設定(確認・変更・利用)」→「docomo ID/パスワード」→「パスワード変更/ロック解除」
 
spモード/mopera U/iモードを未契約の回線で、SMSを受信できる端末を使っている場合は、「docomo IDはどうやって取得する?」でご紹介した「2.インターネットで取得する(SMS受信可能な端末)」と同じ手続きでIDを変更・再取得、あるいはA1.の「ドコモ回線と結び付いていないID」で紹介した方法でパスワードを再設定してロック解除できます。
 
これらの方法が取れない場合は、ドコモショップに相談しましょう。
 
<ドコモ回線と結び付いていないID>
A1.で紹介した方法でパスワードの再設定をするとロックを解除できます。
 
Q3-1. ドコモを解約します(MNPで他社へ移行します)。今まで使っていたdocomo IDは引き続き使えますか?
Q3-2. 今度ドコモと契約します。回線契約と結びつかないdocomo IDを、新しく契約するドコモ回線でも使えますか?
 
A3.どちらのケースでも、引き続き使えます。ただし、注意点もありますので、細かくみていきましょう。
 
<ドコモ回線を解約・休止・他人に譲渡した場合、ドコモからMNPで他社に転出した場合>
上記手続きが完了したあと、スマホ、タブレット、パソコンのWebブラウザーからdocomo IDメニューにアクセスし、今まで使っていたID(※)とパスワードでログインをします。その後、指示に従って手続きを進めると、ドコモ回線契約を伴わないdocomo IDとして引き続き使えるようになります。
 
ドコモメール/spモードメール/iモードメール以外のメールアドレスをIDにしていた場合は、それを引き続き利用できます。ドコモメール/spモードメール/iモードメールのアドレス、電話番号(現在は新規取得できません)、任意の英数字にいずれかをIDにしていた場合は、新しく登録するメールアドレスが新IDとなります。
 
docomo IDを利用した有料サービスの支払い方法は、クレジットカードのみとなります。サービス料をドコモの携帯電話代と合算払いしている場合、各サービスサイトから支払方法変更の手続きをしておきましょう。
 
(※)IDにドコモメール/spモードメール/iモードメールアドレスを使っていて、かつそのアドレスが「電話番号@docomo.ne.jp」である場合は、IDが「電話番号+解約・休止日の西暦年月日8ケタ」に自動変更されます。例えば、09012345678@docomo.ne.jpというアドレスを使っていた回線を、2015年5月1日に解約した場合は「0901234567820150501」となります。
 
<回線契約と結び付いていないdocomo IDを、ドコモ回線契約と結びつける場合>
新たに契約する回線でspモード/iモードを契約している場合、既存のdocomo IDをドコモ回線契約と結びつける手続きが可能です。手続きは、お手持ちの端末から以下の手順で行います。ネットワーク暗証番号が必要です。
 
<spモード>
「dメニュー」→「お客様サポート」→「docomo IDメニュー」→「docomo IDに電話番号を登録する」
※無線LAN(Wi-Fi)アクセス中、またはテザリング中の場合は、これらの機能をオフにしてください。
<iモード>
「iMenu」→「お客様サポート」→「各種設定(確認・変更・利用)」→「docomo ID/パスワード」→「docomo IDに電話番号を登録する」
 
結び付けが正常に完了すると、ドコモ回線契約が必要なサービスも使えるようになります。
 
 
予想以上にいろいろなサービスで使える一方、忘れた場合は結構面倒なことになるdocomo ID。筆者もこの記事を執筆するため、いろいろ試してみたのですが、andronaviの記事としては超・長文になってしまうほど奥が深いです。
 
スマホの時代、しっかりサービスを理解して、つかいこなすことが必要です。この記事が、docomo IDの理解を深める一助になれば幸いです。

 

ドコモ関連の話題をチェック

 
docomoオンラインショップで新端末を予約しよう!

 

こちらの記事もご覧ください。