Androidスマホの乗っ取りを防ぐ方法!携帯のショートメール(SMS/MMS)に要注意!

セキュリティパッチは配布中

この問題について、Googleも把握しています。Googleのスマホ「Nexusシリーズ」については、8月5日よりセキュリティパッチが更新されるそうです。
 
さらに、ASUSやSamsungといった大手スマホメーカーもセキュリティパッチを配布しているとのことで、セキュリティ系の更新を行ったスマホはとりあえず安心していいと言えそうです。
 
なお、セキュリティの内容について「Stagefright対応」とされているのが今回の問題なので、もしアップデートがあったら内容を確認してみましょう。
 
また、ドコモやauなどの大手ケータイキャリアのスマホについても、順次セキュリティアップデートされると思われますので、それを待つようになります。
 

アップデートはセキュリティ対策上でも常に最新が望ましい

アップデートはセキュリティ対策上でも常に最新が望ましい


 

セキュリティパッチ配布する前の対策

それでは、セキュリティパッチが届くまで「いつ乗っ取られてしまうのだろう」と思いながら過ごさなくてはいけないのでしょうか。

 

いえいえ、そういうわけではありません。根本的な解決はアップデート待ちですが、我々ユーザ側でもできる対策があります。それは、「MMS自動受信をオフにする」ことです。
 
そもそもメールは、Gmailなどのフリーメールアドレスや、キャリアメール、または『LINE』などのメッセンジャーを使っていて、携番(携帯電話番号)メールで写真や動画のやりとりはしませんよという人にとって、MMSは不要とも言えるでしょう。

 

そこで今回、「MMSを自動受信させない」ことで乗っ取りを防ぐ方法を紹介したいと思います。

 

MMSを受信するアプリは基本的に下記の2つです。

 
それぞれ、「MMS自動受信」という設定があるので、それをオフにするだけで完了となります。具体的には、下記となります。
 
 
次のページ「ハングアウトの場合」
 

こちらの記事もご覧ください。