Chromeアプリ版『LINE』はどこが違うの? 

Chromeアプリ版でできないこと

スマホ版にできて、Chromeアプリ版でできないこと。それは、アルバムとノートを利用できないこと。そのため、アルバムやノート作成のメッセージを送受信してもChromeアプリ版では見られません。
 

アルバムを作成したところ、「表示できないメッセージ形式です」と出た

アルバムを作成したところ、「表示できないメッセージ形式です」と出た


 
友だちの名前を検索できる「トークルーム検索」はありますが、メッセージ検索はできません。ちなみに、理由はわかりませんが、友だちによっては『LINE』で設定している名前が表示されたり、自分のアドレス帳に登録している名前だったり、表示がバラバラでした。
 
「トークルーム検索」画面。名前から友だちとのトークを検索できる

「トークルーム検索」画面。名前から友だちとのトークを検索できる


 
「設定」にもできないことがあります。「基本設定」でプロフィールが見られますが、「ひとこと」が設定できません。これは、そこまで影響はないですかね。
 
「基本設定」画面。名前は変更できる

「基本設定」画面。名前は変更できる


 
Chromeアプリ版の制限があるといっても、通常利用には困りません。仕事中でもPC上で『LINE』が見られるようになり、ついついやりすぎちゃいそうです…。みなさんも仕事に支障をきたさない程度に楽しんでくださいね♪

 

LINEについてはこちらの記事もチェック

 

こちらの記事もご覧ください。