ついに登場!全部無料で使えるMicrosoft純正エクセルアプリ♪WordやDropbox連携もラク『Microsoft Excel』

Microsoft Excel

Microsoft Excel


今回ご紹介するアプリは、ついに登場したMicrosoft純正アプリ『Microsoft Excel』です。前回レビューの『Microsoft Word』に続き、今回は『Microsoft Excel』をレビューします。
 
実際に使ってみると『Microsoft Word』と同じく、PC版とほぼ同じの使い勝手で、これならandroidでも十分仕事をこなせると感じました。

 
 
また、『Microsoft Word』と異なり、無料版ですべての機能が使えます。今回も「AQUOS PAD(SH-05G)」とBluetoothキーボードを使ってレビューしてみます。
 
 

Wordでログインしておけばログインいらず!

アプリを起動すると、『Microsoft Word』でMicrosoftアカウントと『Dropbox』アカウントを登録しておくと、設定がそのまま引き継がれ、ログイン操作は不要になります。
 

Microsoft Excel:起動画面

Microsoft Excel:起動画面


 
ログインが完了すると、新規作成や開くといった操作ができます。新規作成は、テンプレートが多く用意されているので、こちらを利用すると簡単に作成できます。
 
ファイルを開く場合、先ほどの『OneDrive』、『Dropbox』を選ぶことができます。
 
Microsoft Excel:新規作成「開く」

Microsoft Excel:新規作成「開く」

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロードする

 

設定が少なく操作はとても簡単

編集画面です。『Microsoft Word』やPC版と同じように、画面上部にメニューバーやツールバーが表示されます。
 

Microsoft Excel:編集画面

Microsoft Excel:編集画面


 
セル操作、グラフ挿入、関数入力などがタップで簡単に操作できるインタフェースになっています。この棒グラフは、「挿入」メニューから3タップでできてしまいます。
 
Microsoft Excel:グラフ画面

Microsoft Excel:グラフ画面


 
グラフの見た目は、グラフ選択後に簡単に切り替えることができます。ただし細かい書式設定はできないようです。
 
保存も簡単です。上書きなら、画面右上のディスクマークをタップすればOK。それ以外なら、「ファイル」メニューから操作できます。
 
Microsoft Excel:上書保存

Microsoft Excel:上書保存


 
今回のサンプル「山グッズ一覧」は、0から作成しましたが、本当に数分でできました。セルの書式設定も簡単にでき、仕事の書類作成や計算にも十分に使えます。
 
ただ、1点だけ気になるところがあって、ページレイアウトの設定ができないのが、印刷する場合など、ちょっと不便だと思いました。

 

他にも便利なアプリが揃っています!


こちらの記事もご覧ください。