「AQUOS ZETA SH-03G」は素人でもかっこ良く撮影できるカメラだった!

 
 

実は画質よりも大事な「フレーミングアドバイザー」

「AQUOS ZETA SH-03G」など、最近のシャープ製スマホで撮影すると、写真が上手になるらしいって知っていましたか。
 
これは、カメラレンズやセンサーの性能向上もありますが、それよりも重視したいのが「フレーミングアドバイザー」です。これは、その写真に適している構図をスマホ側が判断して「こう撮影したらいいんじゃないの」と、提案してくれるもの。
 
つまり、写真撮影をあまりしない人でも、構図なにそれな人であっても、いい感じの写真が撮影できるというものです。
 
実際、ここ最近のスマホカメラは進化が凄まじいと感じます。特に画素数は「Xperia」シリーズが2000万画素オーバーのカメラを搭載し、画素数競走はいったん落ち着いていると言えるでしょう。また、高画素や高性能カメラで撮影しても、その構図が微妙だったら、それはそれで平凡な写真となってしまいます。
 
その「撮影者のセンス」をスマホ側でかわりに手助けしようというものが、「フレーミングアドバイザー」というもの。
 

「フレーミングアドバイザー」機能

「フレーミングアドバイザー」機能


 
設定はとってもカンタンで、SHカメラ内から設定で「フレーミングアドバイザー」をオンにするだけ。「料理」「人物」「風景」などスマホ側で自動的に設定してくれます。
 
例えば、目玉焼きの写真を撮影するとしましょう。
 
通常では、料理を真ん中に置いて、普通に撮影しますし、ちょっと凝った感じでも斜めにする程度が多いです。しかし、「フレーミングアドバイザー」を利用すると、敢えてお皿をはみ出させるダイナミックな写真が撮れます。料理はかなり近づいて撮影のほうが良さそうですね。
 
単に撮影した目玉焼きです。普通ですね…

単に撮影した目玉焼きです。普通ですね…


 
「フレーミングアドバイザー」に助けてもらった写真は、料理がかなりアップになっていることがわかる

「フレーミングアドバイザー」に助けてもらった写真は、料理がかなりアップになっていることがわかる


 
スマホ画面上では、丸いお皿や四角いお皿に沿って構図を決定するといいよというのがわかる

スマホ画面上では、丸いお皿や四角いお皿に沿って構図を決定するといいよというのがわかる


 
また、撮影時にはアドバイスも表示してくれるので、「ああ、こうすればいいのか」と、撮影者側も成長できます。するとどうでしょう、デジカメでの撮影も上手になっていきそうですね。
 
他にも、風景撮影時に「銀残し」や「モノクロ」を利用すると、それはまさに「作品」となります。
 
何も考えずに撮影した滝の写真も普通ですね…

何も考えずに撮影した滝の写真も普通ですね…


 
「銀残し」を設定して撮影すると、一気に「作品」になる

「銀残し」を設定して撮影すると、一気に「作品」になる


 
他にもタイムラプス(微速度撮影)や、背景ぼかしなど写真好きにはたまらない機能を搭載しています。
 
他にもタイムラプス(微速度撮影)や、背景ぼかしなど写真好きにはたまらない機能を搭載している

他にもタイムラプス(微速度撮影)や、背景ぼかしなど写真好きにはたまらない機能を搭載している


 
この「フレーミングアドバイザー」や、特殊撮影機能を利用すると、写真が今まで以上にいっそう楽しい物になりそうですね。
 

エモパーも2.1にバージョンアップ

シャープスマホはしゃべるんだぜ!と言える「エモパー」機能は、ことあるごとにご主人(利用者)に向かって話しかけてくれる楽しい機能です。
 
「AQUOS ZETA SH-03G」にも当然ながら「エモパー 2.0」が搭載されていて、目覚ましから就寝まで楽しく会話してくれます。そのエモパーも、2.0から2.1へアップデートされ、自宅以外でもおしゃべりしてくれるように設定できます。
 

エモパーが2.0から2.1へバージョンアップしたほか、専用サイトからはエモパーの声もダウンロードできる

エモパーが2.0から2.1へバージョンアップしたほか、専用サイトからはエモパーの声もダウンロードできる


 
多彩なシチュエーションや、話題が豊富な「エモパー」は、シャープスマホのみで楽しめる

多彩なシチュエーションや、話題が豊富な「エモパー」は、シャープスマホのみで楽しめる


 
さらに、今までどおりエモパーの声もダウンロードできますので、好きなキャラクターでコミュニケーションを楽しめますよ。個人的には最初から入っている「ぶぅぶぅ」の「つぶた」が、かわいくてオススメです。
 

AFFボタン_購入

 

写真撮影についてはこちらの記事もチェック

 

こちらの記事もご覧ください。