【実践】mineo(マイネオ)海外用プリペイドSIMをハワイで試してみた

マイクロSIMのサイズで取り出した状態

マイクロSIMのサイズで取り出した状態


 
渡航前に通信確認をしておきましょう。気休め程度でも、事前確認ができるというのは良いですね。今回レビューで使用した端末は「Nexus 4」です。
 
APN設定(左)ローミング設定(右)

APN設定(左)ローミング設定(右)


 
日本では、APNを設定したあと、ローミングを有効にしないと通信ができませんでした。
 
データ残量確認画面

データ残量確認画面


 
ちょっと通信をしてから残量確認をすると、最初にチャージされている貴重な30MBが、24.6MBまで減ってました。30MBって、思ってた以上に少ないものです。大事に使いましょう。
 
海外で利用する場合はこちらもチェック!

 

ハワイに到着

ハワイに到着し、手持ちの「Nexus 4」にSIMを差し替えてみましたが、なぜかAPNはもう一度設定する必要がありました。
 

再度のAPN設定

再度のAPN設定


 
APNを設定したところ、あっさりAT&TのHSPA+を掴んだので、ローミング設定はオフにして大丈夫でした。

こちらの記事もご覧ください。