【実践】mineo(マイネオ)海外用プリペイドSIMをハワイで試してみた

AT&TのHSPA+を掴むことに成功(左)ローミングはオフに設定(右)

AT&TのHSPA+を掴むことに成功(左)ローミングはオフに設定(右)


 
取り急ぎ、「mineo」海外用プリペイドSIMがハワイで使えることを確認しました。
 
ローミングが必要かどうかは地域によって異なるのでしょうか。ハワイではあっさりとAT&Tの電波を掴んだので、快適です。
 
ステータスバーには、"AT&T - mineo" と表示(左)Googleマップも表示(右)

ステータスバーには、”AT&T – mineo” と表示(左)Googleマップも表示(右)


 
【良い点】

  • 日本で買える
  • 日本でアクティベーションを済ませておける
  • APN設定はどの国でも共通

 
【注意が必要な点】

  • 訪問する国のキャリアに対応したSIMフリー端末が必要(特に1.9MHz帯に注意)
  • LTEには対応していない
  • チャージが30MBしかない(しかも主要7地域のみ)

 
さすがに現地でプリペイドSIMを調達することを考えるとコスパは落ちますが、予備として1枚持って行ったり、トランジット含め複数の国にまたがる旅行などでは1枚のSIMでいけるあたりは、かなり便利でしょう。
 

「mineo」の申し込み

申し込みはこちら

 
SIMフリースマホをチェック

 

こちらの記事もご覧ください。