意外と知らない?コピーメニューの活用方法!

メニュー紹介2:コピー

コピーメニューはそのままテキストをクリップボードにコピーできます。特別な機能はありませんし、もちろん隠し要素もありません。
 
ちなみに、書きかけのメールや編集中のメモアプリなどでは、コピーの横に“切り取りボタン”が表示されます。ハサミアイコンなので間違えはしないと思いますが、“切り取り”だと文字通りテキストが切り取られますのでご注意ください。
 

編集可能な場合のみ表示される切り取りボタン

編集可能な場合のみ表示される切り取りボタン


 
筆者はたまに間違えます。…すみません嘘をつきました。指が太いので誤タップするが正しいです(泣)
 

メニュー紹介3:共有

共有メニューは選択したテキストを、そのままアプリに持っていくことができます。 メモアプリやメール本文にテキストを貼り付けたい場合にとても便利です。
 

共有できるアプリ一覧。ここからクリップボードへのコピーもできる

共有できるアプリ一覧。ここからクリップボードへのコピーもできる


 
通常であれば、「選択→コピー→アプリを起動→新規ページ作成→貼り付け」という操作になるのが、「選択→共有→アプリ選択」のたった3ステップでOK!初めて知った時にもっと早く知っていれば…と、ぐぎぎとなった機能です。
 

メニュー紹介4:検索

検索は選択したテキストをブラウザで検索してくれる機能です。 ブラウジングしていて気になった言葉を即検索できます。
 
これも「共有」と同じで、なぜ誰も教えてくれなかったのだ…となった機能です。わからない言葉をよく調べるので、ササッと検索できるのは個人的にとても役立ちます。
 
コピー機能についていかがだったでしょうか?普段の操作で不便だな…と思っていた箇所が、とても便利になると思います。ぜひ活用してみてくださいね!

 

コピーや貼り付けについて詳しくはこちら


こちらの記事もご覧ください。