Googleマップの新機能「タイムライン」で自分の移動ルートがわかる!

Googleマップの新機能「タイムライン」

Googleマップの新機能「タイムライン」


スマホユーザになくてはならない機能のひとつ『Googleマップ』。地図の読めない男、私、すべりんも目的地に辿り着くために、日々お世話になっております。
 
そんな『Googleマップ』に、新機能が追加されたのをご存知でしょうか?その名も「タイムライン」。
 
SNSに出てきがちな名称ですが、これがいろんな意味で衝撃の機能なんです。ということで、試してみました。

 
 

自分の歩んできた道を見られる機能

はてさて、「タイムライン」とは一体何なのか。かっこよく言うと、自分が歩んできた道のりを見られる機能です。
 
自分が訪れた場所、移動経路を改めて見ることができるのです。自分しか見ることができないので、みなさん安心してください。でも、Googleさんには見られてるのかと思うと、ちょっと抵抗があったりして(誰も見ないか)。
 

タイムライン、発動!

「タイムライン」を利用するには、『Googleマップ』のアプリを開き、検索バーの左にある三本線のボタンをタップし、メニューを開いてください。
 
そこにある「タイムライン」を選び、表示される画面で「オンにする」をタップします。その際、位置情報のオンを忘れずに。
 

『Googleマップ』のメニュー画面(左)初回利用時の画面(右)

『Googleマップ』のメニュー画面(左)初回利用時の画面(右)


 
続いて、「ロケーション履歴」をONにします。該当の端末にもチェックを入れましょう。「ロケーション履歴」は、タイムラインに表示される履歴をもとに、通勤ルートの交通状況の自動予測や検索結果の精度がアップするなど、日常に役立つ情報を入手できるようになっていきます。
 
これで、タイムラインの設定が完了しました。あとは行動あるのみです。
 
「ロケーション履歴」をONにした(左)「表示」を押しても最近の履歴はないのでおもしろみはなかった(右)

「ロケーション履歴」をONにした(左)「表示」を押しても最近の履歴はないのでおもしろみはなかった(右)


 

とある1日のタイムライン

タイムライン設定後、とある1日の足跡をつけてみました。普段は節電のためにOFFにしている、位置情報をONにしてスタート。
 
移動してきた道筋が追加されていきます。途中、ランチや取材で立ち寄った場所も記録され、店やスポット名も表示されます。この段階で、後々見返すと楽しいだろうなぁ、というのがわかります。
 

スタート地点(左)移動を重ねて、ルートができあがってきた(右)

スタート地点(左)移動を重ねて、ルートができあがってきた(右)


 
場所によっては、店やスポット名が表示されず、住所だけのところもあります。そこを正しいスポット名に編集することができます。「訪れた場所ですか?」と聞いてくれることがあるので、正しければ「はい」、そうでなければ「編集」をタップしましょう。
 

こちらの記事もご覧ください。