Googleマップの新機能「タイムライン」で自分の移動ルートがわかる!

あらかじめ表示される候補にあれば、それをタップするだけですが、なければGoogleマップで検索をかけて見つけましょう。
 

「訪れた場所ですか?」と聞かれた(左)該当する場所があればタップ。なければ「場所を検索」する(右)

「訪れた場所ですか?」と聞かれた(左)該当する場所があればタップ。なければ「場所を検索」する(右)


 
タイムラインでは、『Googleフォト』に写真をアップロードしていると、スポットに表示されるようです。僕は『Googleフォト』の設定をしていなかったため、何も表示されませんでした…。
 
写真付きで場所の記録を残してくれるのは、とてもいいですね。特に旅行に行った際、あとで振り返った時に思い出を呼び起こせそう。
 

スポットに対するデータもバッチリ

店名やスポット名がわかっている場所をタップし、「詳細」を選んでから名前をタップすれば、そこの詳細情報が表示されます。その時に下へスクロールすると、自分が最後にいつ立ち寄ったのかが見られます。
 
また、マップ検索バーの左にあるメニューボタンから「マイプレイス」を選べば、最近訪れた場所を見ることができ、自分がどこによく行っているのか知ることができます。
 

店の詳細画面。いつ訪れたかが書いてある(左)「マイプレイス」の「過去に訪れた場所」がわかる(右)

店の詳細画面。いつ訪れたかが書いてある(左)「マイプレイス」の「過去に訪れた場所」がわかる(右)


 
PC版ですと、もっとも頻繁に訪れた場所などをチェックできるので、データが蓄積すればするほど、タイムラインが充実し、楽しく使えるのではないでしょうか。
 
PC画面。より詳細なタイムラインが見られる

PC画面。より詳細なタイムラインが見られる


 

こちらの記事もご覧ください。