富士通「arrows」のロゴを刷新!SIMフリースマートフォンなど新製品も期待大

「arrows」のロゴが刷新

「arrows」のロゴが刷新


10月6日に富士通が開催した新製品発表会に行ってきました。
 
まずは「arrows」のブランドロゴを刷新。親しみやすさ柔軟さを感じられるように小文字表記に変更し、また安定感や優しさが感じられる字体へ変更。

 
カラーについても清潔感を与えるすっきりとしたグレーを基調にし、今後スマートフォンやタブレットが普及し生活に欠かせないものとなるうえで、心地よく感じる製品提供を目指したブランドロゴとなりました。

 
「人を想えば、進化はとまらない。」というキャッチフレーズも利用者が心地よく使えることを考えさらなる進化を追い求めるワードとなるようです。

 

新製品

今後登場する製品を見てみましょう。まずは先日のドコモの発表会でも登場した「arrows Fit F-01H」。防水・防塵に加えて、米国国防総省の調達基準であるMIL規格に準拠し、耐衝撃や高温保管など耐環境性能に対応した堅牢設計となります。利用シーンが多岐に渡るスマホだからこそ備えておきたい耐久性。2,330mAhという大容量バッテリーも長時間の利用に適しています。10月7日の本日より発売開始となります。
 
購入はこちらから

 

2015年冬モデルのラインナップ

2015年冬モデルのラインナップ


 
ドコモの発表会についてはこちらをチェック

 
他にもSIMフリースマートフォン「arrows M02」、タブレット「arrows Tab M01T」の提供を開始します。
 
「arrows M02」はMVNO(格安スマホ)となり、格安SIMが入るSIMフリーのスマートフォンです。とはいえ、内容は充実。5インチの大画面、幅69mmの手になじむコンパクトサイズ。しかし電池が3日間持つバッテリー容量のため利用には差し支えません。また画面は「Leaf UI(リーフ ユーアイ)」を搭載し、だれでも簡単に操作できるようになっています。
 

3色のカラーバリエーションがあるarrows M02

3色のカラーバリエーションがあるarrows M02


 
「arrows Tab M01T」は家族で利用できるマルチユーザー機能を搭載しています。1台のタブレットでありながら利用者のプライバシーを守りながら、自分専用端末として利用できます。しかも1日あたりの使用時間制限を決めることができるため、「昼はお母さん」「夕方は子ども」「夜はお父さん」のように時間帯で分けることもできるでしょう。子どもの長時間利用を防ぐ効果も期待できます。
 
複数人で利用できる「arrows Tab M01T」

複数人で利用できる「arrows Tab M01T」


 
また、「グリップエッジ」による滑り止めを採用しているため、キッチンやお風呂などでも立てかけて利用できます。
 
詳しくはこちらをチェック

 
他にも「Windows 10」を搭載した個人向けパソコン「FMV」のラインナップも拡充。23型の液晶一体型デスクトップパソコン「ESPRIMO WHシリーズ」を2機種と、15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」の2機種、計4機種を10月3日より順次発売。
 
 
スマホ、タブレット、PCのそれぞれニューラインナップが出揃い、今後も富士通の製品に目を離せません。

こちらの記事もご覧ください。