【本日発売】ファーウェイ、クラシックデザインのスマートウォッチ「Huawei Watch」を10月16日に発売開始

ファッション性を重視したデザイン

ファッション性を重視したデザイン


ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本株式会社)は、ウェアラブルシリーズでは初のスマートウォッチ「Huawei Watch」を10月1日に発表した。

 
 

「Huawei Watch」はGoogleのAndroid Wearを搭載、傷のつきにくいサファイアクリスタルの丸型フェイスはクラシックなデザインとなっており、「これまでガジェット感が強かったスマートウォッチのイメージを変えたい」という呉波デバイス・プレジデントの思いどおりのファッション性を高めたスマートウォッチとなっている。
 

発表会はファッションショーさながら

発表会はファッションショーさながら


 
Android・iOS端末どちらともに連携が可能で、ジャイロセンサーと加速度センサーを搭載した6軸モーションセンサーによって、歩行、ランニング、登山のような場面でも身体の動きをすばやく認識し、活動量や燃焼カロリー量、心拍数が記録できるのが特徴だ。
 
活動量や燃焼カロリー量、心拍数が記録できるためスポーツにも最適!

活動量や燃焼カロリー量、心拍数が記録できるためスポーツにも最適!


 
また電話やSMS、インスタントメッセージなどの着信通知をどこにいても受け取れることが可能。さらに音楽の再生から経路検索やナビゲーションまでも音声入力で操作ができるなど、ファッション性を重視しながら機能面でも満足できるスマートウォッチとして魅力的な製品に仕上がっている。
 
W1 Eliteモデル。市販の腕時計と変わらないデザイン

W1 Eliteモデル。市販の腕時計と変わらないデザイン


 
カラーバリエーションはゴールド、シルバー、ブラックの3色で展開。シルバーはバンドをメタルモデルとブラックレザーモデルから選択可能。価格はシルバーのブラックレザーモデルが最安で、45,800円(税別)から。
 
2015年10月16日、45,800円から購入できる

2015年10月16日、45,800円から購入できる


 
購入は、ファーウェイ専用サイトはもちろん、ビックカメラやヨドバシカメラ、伊勢丹メンズ館でも購入可能。ファッションとデジタルが融合した「Huawei Watch」の輝きをその目に焼き付けてみては?
 
その他、ウェアラブルスマートウォッチはこちらをチェック!

こちらの記事もご覧ください。