初めての格安スマホ。メリットとデメリット

格安スマホのメリット

  • なんといっても料金です。うまく使いこなせば月々の料金は1,000円以下も可能です。
  • スマホ本体の変更や流用が簡単です。例えば、今まで使っていたスマホを親や子供にプレゼントし、それを格安スマホとして使う、ということも簡単にできます。
  • いわゆる「2年縛り」がない場合がほとんどです。最低利用期間が1ヶ月ということも珍しくありません。

 
格安スマホのデメリット

  • 通話の定額プランがありません。電話をよくかける方はかえって料金が高くなってしまう可能性があります。
  • 月々のパケット代(=データ量)が細かく決まっているため、事前に、ご自身の普段の使い方を把握してプランを選ぶ必要があります。ただ、大手の携帯電話会社も上限(最大7GB/月)があります。実はそれを超えて使うような場合でも、格安スマホでは対応できるプランが存在します。
  • お店がほとんどありません。対面でのサポートを希望する人は慎重に考えましょう。こういうの(ITとか)に詳しい人を知り合いに持つと楽ちんです。
  • docomo.ne.jpやezweb.ne.jpなどのメールアドレスが使えなくなります。gmailやYahoo!メールなどを別途登録してスマホのメールアドレスとして使う必要があります。ただ最近はSNSでコミュニケーションを取る方が多いので、不便な場面は少ないかもしれません。

 
いかがでしたでしょうか?ここまで読んでなるほどと思った方はこちら。
 
andronaviでは格安スマホの比較ができます。
 

 
最新のスマートフォンについてはこちら
 

 
 
 
次のページでは、格安スマホと格安SIMの違いについて説明します。
 
 

こちらの記事もご覧ください。