「箱は捨てないで!」、ツタヤTONEモバイルが新スマホを発表。箱に入れるだけで自動修復するなど注目機能搭載

TONE

TONE


TSUTAYA(ツタヤ)各店舗でスマホが購入できることで話題になった「TONE」。
 
この度、新スマホ「TONE(m15)」を発表しました。

 
TONE(m15)」は、LTEに対応し、既存のTONEスマホに比べて速度、バッテリー容量、カメラの画素数まで大幅にグレードアップ。しかも価格はこれまでと同じ29,800円と、購入しやすい金額になっています。
 

 

TONEのm15

TONEのm15


 
他にも特長的な機能が備わっているので、詳しく見てゆきましょう。
 

安心なサービスを提供

TONE」は高齢層、そして若年層もターゲットに入れているため、しっかりとしたサポート機能が備わっています。
 
まず万が一TONEスマホを紛失した際に、パソコンからスマホ端末の現在地確認が可能。遠隔でアラーム音を鳴らしたり、データを削除したり、またそのデータを削除する前にパソコンに保存することができます。
 

紛失しても遠隔で探し出すことができる

紛失しても遠隔で探し出すことができる


 
また子どもに持たせる際に役立つのが「ジオフェンス」機能。学校や塾などあらかじめ登録しておいた場所に、子どもが到着すると保護者に自動通知されます。子どもの安全を知るためにも大切な機能です。
 
子どもの位置情報を把握し、保護者に通知する機能

子どもの位置情報を把握し、保護者に通知する機能


 
上記機能は、「TONE(m15)」だけでなく全機種で対応しています。
 
他にも、活動量や心拍数を測定する機能も備わっています。カメラのフラッシュレンズ部分を触れると心拍数の計測を開始!データとして残しておけます。
 
スマホのレンズ部分に指を当てて心拍を測る

スマホのレンズ部分に指を当てて心拍を測る


 
情報はクラウドに上がるため紛失や故障、機種変更時のバックアップにもなります。
 
測定結果はアプリを通してクラウドの管理画面に記録される

測定結果はアプリを通してクラウドの管理画面に記録される

こちらの記事もご覧ください。