格安SIMとは?今使っているスマホがそのまま使えるの?動作検証を公開!

解約前にやっておくこと
@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpのアドレスで会員登録しているサービスがあったら事前に変更しておきましょう。
 
変更し忘れていて、もっとも「詰んだ」状態に陥るのはGoogleの二段階認証です。
二段階認証ってなに?という人は大丈夫です。スルーしてください。
Googleの二段階認証はキャリアメールアドレスを登録するように誘導されますので
そういう設定をしている人が多いはず。二段階認証のメアドを解除する際に、いったん解約するメールアドレスでメールを受ける必要があるので、解約した後だと手も足も出ません(メール(英語)でGoogleのサポートに問い合わせると解除してくれます。実話)。
 
 
スマホ本体の購入について
 
 
格安SIMを活用できるスマホとして、通称「白ロム」というのがあります。
 
基本的には中古のスマホで、もともとはドコモなどから販売されたスマホです。家電量販店やECで購入できるSIMフリースマホとは異なります。つまりSIMロックがついたままのスマホです。
 
 
最近は未使用品といって新品に近いものも流通しているようです。ただ中古にしても未使用品にしても、購入したショップの保証はあったとしても、ドコモやauの保証は期待しないほうがよいです。
厳密に言うと、保証してくれる場合もあると思いますが、現実的にはスマホの保証は現在もドコモやauと契約している場合に受けられると考えたほうがいいです。なので、事実上、白ロムは保証がない場合も多いです。
 
ただ、機能が充実した新品のスマホがほしい、でも格安SIMが使いたい、と思う人もいるでしょう。
 
いまのところmineoだけ、この希望が叶います。
DIGNO MとSERIEは、最新ではないものの、auで販売していたスマホと同じものです。なので実はauのSIMロックがかかっているようです。mineoなんで問題なく動作します、というカラクリです。
 
 
特におサイフケータイや防水ですね。モバイルSuicaがようやくSIMフリースマホでも対応が始まるようですが、まだまだこのへんはSIMフリースマホでは発展途上です。機能満載の新品スマホがほしい方はmineoを検討してみてはどうでしょうか。
 
ちなみにSIMフリースマホのおサイフケータイの対応状況は以下のとおりです。
Suicaはいずれの端末も使えないので注意しましょう。
Xperia J1 Compact
AQUOS SH-M01
SERIE SHL25
ARROWS M02
ARROWS M01
LUCE KCP01
 
gmailとドコモなどのメールの違いについてです。
少し年が上の親戚や、学生時代の友達など、メールアドレスのみでつながっている人達もいるでしょう。gmailに変わると、こちらは受信できても相手が受信できない設定になっていることがしばしばあるのでご注意ください。
 
また、これもGoogleですが、メールアドレスの@の前に.があるメールアドレスを相手が使っていると
gmailからは送信できません。たとえばtaro.@docomo.ne.jpとか。こういうアドレスを使っている友人・知人がいる時はメールが送れなくなります。
 
なぜか?
「仕様です」ってGoogle先生にドヤ顔されるだけなので、何か他の連絡手段(SNSとか)を確保しましょう。
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
 
格安SIM契約の参考になれば幸いです。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!