dtv、Hulu、Netflix…スマホで楽しめる(個人的)5大動画配信サービスをまとめてチェック!

 
Hulu

Hulu

Hulu


 

Huluに申し込み

申し込みはこちら

 
「Hulu」は、HJホールディングスが提供する動画配信サービスです。月額料金は933円で、初回登録から最低2週間(申し込み方法による)は無料で利用できます。
 
Facebookアカウント、dアカウント(ドコモのスマホ・タブレットのみ)や「auかんたん決済」のアカウント(auのスマホ・タブレットのみ)を使ってユーザ登録・ログインすることもできます。
 
元々アメリカ発祥のサービスで、海外ドラマ・映画・ドキュメンタリーの配信に強みを持っています。特に、海外ドラマに関しては配信作品の幅が非常に広く、Huluでしか配信していないものもあります。しかも、新しめの作品も多めに取りそろえています。
 
2014年4月に運営がHJホールディングスに移管されて以来、同社の親会社である日本テレビ放送網(日テレ)とその系列局のコンテンツも非常に充実するようになりました。特に、日テレ系列局がない地域に住んでいる人にとっては大変ありがたい配信サービスでもあります。NHK・TBS・テレビ東京・フジテレビもHuluにコンテンツを提供しています。
 
画質は「低」「中」「高」「HD」の4種類で、配信されている動画のHD対応率が非常に高いのもHuluの特徴です(※7)。高画質なコンテンツが多いことが魅力です。
※7:スマホ・タブレットでの視聴時は、最高画質が「高」となります。
 
Netflix

Netflix

Netflix


 
「Netflix」は、Netflix(日本法人)が提供する動画配信サービスです。月額料金は、650円・950円・1450円の3段階制で、いずれのプランも初回登録から1カ月間の無料体験期間があります。Facebookアカウントを使ってユーザ登録・ログインすることも可能です。
 
Netflixはアメリカ発祥のサービスで、オリジナルコンテンツが充実していることが特徴です。「MARVEL’S デアデビル」や「ナルコス」など、アメリカでのオリジナルコンテンツのほか、フジテレビとの協力で日本オリジナルコンテンツも順次配信する予定です。オリジナル作品以外のも、国内外の著名なドラマやアニメなどを見放題コンテンツとして提供しています。
 
また、海外の映画・ドラマの字幕が非常に充実していることも特徴です。作品によっては日本語や英語以外の字幕が用意されていることもあります。さらに、1つのアカウントで複数のプロファイルを設定することで、家族の年齢や嗜好を“切り離して”楽しむことができます。
 
画質はデータ容量で選択する方式で、「低」「中(SD)」「高(HDまたは4K)」の3種類があります(※8)。標準では、帯域速度に合わせて最高画質を選択するようになっています。ここまで紹介してきた動画配信サービスは、アプリ内で画質選択できましたが、Netflixは、Webサイト上の会員メニューから画質選択をするようになっています。
 
※8:コンテンツ、あるいは契約プランによって選択できる画質は異なります。
 
Amazonプライム・ビデオ
Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ


 
「Amazonプライム・ビデオ」は、オンライン通販「Amazon.co.jp」の有料会員サービス「Amazonプライム」の特典のひとつとして提供される動画配信サービスです。
 
年額料金(年会費)は、3900円(税込)で、月あたり325円(税込)で使える計算です。オフィシャルクレジットカード「Amazon MasterCard ゴールド」(年会費1万円)の会員は、無料で使えます。
 
Amazonプライム・ビデオは、Amazonの動画配信サービス「Amazonビデオ」のバリエーションの1つに位置付けられています。通常、Amazonビデオは買い切り(購入)またはレンタル(初視聴時から24~48時間)提供ですが、Amazonプライム会員であればプライムタグが付いた作品が見放題になります。
 
画質は「標準画質」「高画質」「最高画質」の3種類で、モバイルデータ通信(LTE/3G)で視聴する場合はいずれかを選択する必要があります。Wi-Fi(無線LAN)通信で視聴する場合は、通信速度に合わせて自動選択します。これとは別に、コンテンツによっては解像度の選択肢として「SD」「HD」「4K」を選択できます(※9)。
 
※9:HD/4K対応コンテンツでも、SD解像度のみプライム・ビデオの対象となっている場合があります。この場合、HD/4K解像度での視聴には購入またはレンタルが必要です。
 
「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」の長編映画作品や日本の旧作ドラマが充実しているほか、「AKB48」グループのライブ映像を独占配信していることが特徴で、幅広い年齢層に対応していることが特徴です。
 

こちらの記事もご覧ください。