優勝はなんと17歳の高校生!賞金総額1億円のドローンレース日本選考会に行ってみた

 
午後の部はお昼タイムを挟んで、ラウンドスタート。午前の部で実力を出し切れなかったパイロットたちがなりふり構っていられないのでしょう、速度を上げて周回します。
 


 
※動画が見られない方はこちらから
 
その分コントロールが難しく、アクシデントも相次ぎます。
 
真剣な眼差しでレースの様子を見守る

真剣な眼差しでレースの様子を見守る


 
その中で、優勝候補の高梨選手は、抜群の操縦センスを見せ、高いスピードで圧倒的な強さを見せました。
 
優勝候補の高梨選手は17歳の高校生

優勝候補の高梨選手は17歳の高校生


 
そうです。彼こそ今回の優勝者である若干17歳の唯一の高校生「高梨智樹」選手です。
 

 
※動画が見られない方はこちらから
 
父親がサポート役として参加し、親子で奮闘する姿は特に輝かしく感じました。
 
ドローンを修理している父親のもとへ思わず駆け出す高梨選手

ドローンを修理している父親のもとへ思わず駆け出す高梨選手


 
タイムラップは、高梨選手が1:35:00と2位の成澤選手の4:10:08を圧倒的に引き離し、見事優勝となりました。
 
1位から3位までの結果が出そろった

1位から3位までの結果が出そろった


 
ハンカチ王子ならぬ、ドローン王子の誕生です。ドバイ本選へ向かうためのチャンスを得ました!
 
ドバイへのチャンスが手に入った上位3名

ドバイへのチャンスが手に入った上位3名


 
※予選の選考結果に応じて世界上位32チームがドバイへの公式招待されます。
 
「家で練習しているの?」という質問に「家ではできないので、スマホゲームで練習しています」との答えが。練習場所に悩んでいる方、ドローンゲームでまずは腕試ししてみませんか?
 
ドローンのゲームはこういったものがあります!

 
今年は10月にハワイで開催される「US National Drone Racing Championships」も控えており、一層熱を帯びてゆくドローン世界レース。ぜひ、あなたもパイロットとなり、世界に挑戦してみましょう。andronaviでも最新情報を届けてゆきます!
 

まずはレンタルドローンから利用してみては?

まずはレンタルドローンから利用してみては?


 
ドローンはレンタルもできます。お試しを希望の方はレンタルもどうぞ。

こちらの記事もご覧ください。