【2016年版】大手キャリアの料金プランの“要点”をつかもう!

 

au:データ容量を「送り合う」

auの新料金プランは「カケホとデジラ」というニックネームが付いています。「電話のかけ放題プラン」と、デジタルライフ(デジラ)を満喫できる「データ定額サービス」を組み合わせてください、という意味です。au旧料金プラン(LTEプラン+LTEフラット)も引き続き契約できます。
 
ただし、auのスマホは、基本プランとそれに対応したデータ(パケット)定額を必ずセット契約しなければなりません。基本プラン(音声だけ)で契約することはできません。注意しましょう。
 
基本プラン:旧プランも選べる
auスマホの新料金プランにおける基本プランは、国内通話(※6)が時間無制限でかけ放題な「電話カケ放題プラン(通称:カケホ)」と、それに1通話あたり5分以内の時間制限を設けた「電話カケ放題プランS(通称:スーパーカケホ)」の2種類があります。旧料金プランにおける基本プランは「LTEフラット」のみです。
 
カケホはデータ定額2~13、スーパーカケホはデータ定額1・3~13、LTEプランはLTEフラットとそれぞれ組み合わせて契約します。
 
<auの基本(通話)プラン>

基本プラン 特徴 料金(2年契約あり) 料金(2年契約なし)
電話カケ放題プラン 国内通話(※6)が24時間無料 2,700円 4,200円
電話カケ放題プランS 5分以内の国内通話がいつでも無料 1,700円 3,200円
LTEフラット 音声通話は常に従量課金 934円 1,868円

※6:プレフィックス通話(「00」で始まる番号への通話)、ナビダイヤル(「0570」で始まる番号への通話)など、特殊な電話番号への発信は対象外。「050」で始まるインターネット電話は対象
 
データ定額:新プランなら家族と「送りあえる」
新料金プランにおける「データ定額」では、2016年3月に追加予定の1GBプランを含めると7種類から選択できます。旧料金プランにおけるデータ定額は「LTEフラット」のみです。
 
auには、ドコモでいうところの「シェアグループ」という概念はなく、データ容量は自分で使うのが基本です。これらとは別に、ネット接続サービス(「LTE NET」または「LTE NET for DATA」)の月額料金がかかります。
 
使い切れなかったデータ容量は、データ定額5~13については翌月にそのまま繰り越し利用できます。単位設定はないので、無駄なく繰り越せることが大きなメリットです。ただし、「データチャージ」(後述)に申し込む必要があります。
 
<auのパケット定額>

対応基本プラン データ(パケット)定額名 通信容量 月額料金 翌月容量繰り越し
スーパーカケホ データ(パケット)定額名 1GB 2,900円 ×
カケホ データ定額2 2GB 3,500円 ×
カケホ/スーパーカケホ データ定額3 3GB 4,200円 ×
カケホ/スーパーカケホ データ定額5 5GB 5,000円
カケホ/スーパーカケホ データ定額8 8GB 6,700円
カケホ/スーパーカケホ データ定額10 10GB 8,000円
カケホ/スーパーカケホ データ定額13 13GB 9,800円
LTEプラン LTEフラット 7GB 5,700円 ×

※7:2016年3月1日開始予定
 
ドコモのような「シェアパック」という概念はありませんが、代わりに同一名義ユーザには「データシェア」、家族間でのデータ容量の共有には「データギフト」を利用できます。
 
「データシェア」は、スマホ1回線に対して4G LTE対応タブレット・PC(モジュール内蔵)最大5回線までパケット定額の容量を統合・共有できるオプションサービスです。共有する回線のau IDを統合(同一IDを利用する手続きを)した上で、設定すればすぐに使えます。
 
au IDについてはこちらをチェック!

 
この説明からも分かる通り、「AndroidとiPhoneの2台持ち」といったスマホの複数台持ちには対応できませんが、一定条件を満たせば次にご紹介する「データギフト」を使って疑似的に容量共有ができます。
 
「データギフト」は500MB(0.5GB)単位で家族間でデータ容量を送り合えるサービスです。データ容量が足りなくなったときに容量を購入できる「データチャージ」の仕組みを応用したもので、送られた容量は当月内に限り利用できます(※8)。データギフトでは、通信容量が足りなくなった場合に「おねだり」できることも特徴です。
※8:本来のデータチャージで購入した通信容量はチャージから62日間有効
 
データギフトを利用する条件は、以下の3つです。これらの条件を満たせば、家族だけではなく同一名義の別回線間でも容量を送り合えます。
 

  • データチャージを申し込む
  • データ定額やLTEフラットなど、データチャージ対応のパケット定額・プランに加入する
  • auスマートバリュー」または「一括請求/KDDIまとめて請求」に加入する

 
auスマートバリューについてはこちら

 
 
auの長期優遇は「長期優待データギフト」
auでは、長期利用者に対する優遇として「長期優待データギフト」を提供しています。au回線の継続利用期間に応じて3カ月に1度データギフトを付与する、というものでカケホとデジラでの契約分が対象です。家族間でのデータギフト同様、送られた容量は当月内に限り利用できます。もらえる容量は以下の通りです。
 

auならではの「データギフト」

auならではの「データギフト」


 
<長期優待データギフト>

5年以上 8年以上 10年以上
データ定額1~3 500MB 750MB 1GB
データ定額5~13 1GB 1.5GB 2GB

こちらの記事もご覧ください。