MNPの前に要チェック!格安SIMのデメリットを把握しておこう

サービス的なデメリット

続いてはサポート的なデメリットです。よく携帯を落とす・失くす・壊すという方はそのままキャリアを使い続けることをおすすめします。
 
キャリアに比べサポートが薄い
格安SIMがキャリアに比べなぜ安いか?それはサポートしてくれるのは、SIM関連の不具合や契約についてのみと、実店舗にいけば割りとなんでもしてくれるキャリアに比べてサポートが限定されているからです。
 
つまり現状、「何かあればショップへ」という方は、料金が高いのは手厚いサポートの代金と割りきって。そのままキャリアを使い続けることをおすすめします。
 
キャリアメールが利用できない
キャリアから乗り換えるので当然キャリアメールは利用できなくなります。普段からキャリアメールを利用している方は乗り換えると連絡がつかなくなる方が出るので要注意です。
 
また、キャリアメールにのみ対応しているサービスも世の中には結構あるので、「みんな『LINE』で連絡つくからいいや」と思って乗り換えると…ある日突然使えなくなるサービスがあるかもしれませんよ。
 
キャリア決済が利用できない
これもキャリアから乗り換えるので当然ですね。月額サービスをキャリア決済にしている場合、来月以降突然使えなくなりますよ。乗り換える前によく確認しておきましょう。
 
通話代が高い
現在キャリアは基本「カケホーダイ」で通話代はあまり気になりませんが、格安SIMの場合30秒20円かかります。
 
そこまで電話をしているつもりがなくても「実は…」という場合が結構ある以外な落とし穴です。毎月の明細をキッチリチェックしておきましょうね。
 

こちらの記事もご覧ください。