【開封の儀】100,000円ドローンをどーんと編集部で購入!10分以内に飛ばせるか試してみた

andronaviのドローン「ドロンディ(命名)」

andronaviのドローン「ドロンディ(命名)」


先日紹介した新型ドローン「Bebop 2」。そのひとつ前の「Bebop」を編集部で購入してみました。
 
話に聞くと開封から10分以内に飛ばせるということですが、はたして本当に飛ばせるのでしょうか。

 
 

 
開封後のこちらの記事もチェック!

 

開封の儀

まずは箱から取り出します。結構大きな箱で届くので、到着時には部屋の掃除などしておくと良いかも。
 

結構大きいサイズで到着

結構大きいサイズで到着


 
ハサミを使って慎重に箱を開けていきます。
 
カッターやハサミで開封してゆく

カッターやハサミで開封してゆく


 
開封すると箱に簡単な説明が載っています。実物が早く見たいです!
 
オープンすると箱に説明書きが載っている

オープンすると箱に説明書きが載っている


どろーん!まずはドローンが見えました!
 
ドローンが登場

ドローンが登場


 
中から取り出します。
 
結構大きいサイズのドローン

結構大きいサイズのドローン


 
2重箱になっており、下にはコントローラーがありました!
 
コントローラーの登場!

コントローラーの登場!


 
ドローンとコントローラー、2つ揃ってやっと飛ばす準備に取り掛かります。ここまで2分経過…。
 
ドローンとコントローラーがセット

ドローンとコントローラーがセット


 
まずは、ドローンのセッティングを始めます。「Bebop」の場合、バッテリーをセットします。中央のバッテリーをコードに挿して押し込むだけ。
 
バッテリーを取り付ける

バッテリーを取り付ける


 
次に、危険防止のため羽根のまわり守るプロテクトをつけます。
 
当たっても傷がつかないようにプロテクトをつける

当たっても傷がつかないようにプロテクトをつける


 
それぞれ、4つの羽根のまわりにつけてゆきます。ここまでで5分経過…。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!