Google(グーグル)検索ボックスの検索履歴(閲覧履歴)を表示しない(非表示)方法【スマホの基本講座】

Google検索ボックスの閲覧履歴を非表示にする方法

Google検索ボックスの閲覧履歴を非表示にする方法


毎日、お世話になっているgoogle検索ですが、「過去に自分がブラウザで検索したワードなどが表示されるのを消したい」と思う方も多いようです。
 
人に見られたりするのは、なんとなく恥ずかしいワードってありますよね。自分のGoogleアカウントに最適化された予測変換は便利ですが、ブラウザの検索履歴まで表示しなくてよいという方に、検索履歴を表示しない方法を紹介します。

 
【更新:2018年8月27日】

 
万が一の時(スマートフォンから個人情報流出)に備えて、こちらもチェック!

 
削除方法についてはこちらもチェックしておこう!

 
 

 
 
Chrome』起動します。右上の3点のプルダウンメニューから「履歴」をタップしてください。次に、画面の下にある「閲覧履歴データの消去」をタップし、すべての履歴を削除します。
 

『Chrome』から「履歴」をタップ(左)「閲覧履歴データの消去」をタップ(右)

『Chrome』から「履歴」をタップ(左「閲覧履歴データの消去」をタップ(右)


 
次にGoogleアプリを起動しましょう。左上にメニューから、設定画面を開くために「設定」をタップします。
 
Googleアプリを起動(左)メニューから、「設定」をタップ(右)

「Google」アプリを起動(左)メニューから、「設定」をタップ(右)


 
「アカウントとプライバシー」→「ウェブとアプリのアクティビティ」と進みます。
 
「アカウントとプライバシー」をタップ(左)「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップ(右)

「アカウントとプライバシー」をタップ(左)「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップ(右)

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!