自社ドローンをFPVで飛ばしてみた!そもそもFPVってなんだ?

今回購入したのはSONY製の「ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3」。一緒に購入したドローン「Bebop」との接続相性もOK。このドローンとFPVの接続が問題ないかも、購入する場合はチェックしておきましょう。
 

編集部で購入したドローン、通称「ドロンディ」

編集部で購入したドローン、通称「ドロンディ」


 

装着まで

では実際に「ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3」を装着してみます。とはいってもドローンほど難しくありません。
 

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3


 
FPVゴーグル「ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T3」と中継機(バッテリーユニット)、そしてドローンをHDMIケーブルで接続。あとは自分の頭に合わせてかぶるだけです。
 
頭の大きさに合わせて後ろのベルトを調整

頭の大きさに合わせて後ろのベルトを調整


 
装着前に、FPVゴーグルの電源をオンにします。
 
裏側にある電源ボタンをオンにしておく

裏側にある電源ボタンをオンにしておく


 
ここで1点注意!ドローンコントローラーとドローン本体のWi-Fi接続が完了したあとに、FPVゴーグルのHDMIケーブルをコントローラーにつなげましょう。
 
装着してからでも電源はオンにできる

装着してからでも電源はオンにできる


 
ドローンとコントローラーの接続が上手くつながらず、映像は出ているのに、コントローラーが反応しないという事態になります。編集部はここで苦戦しました。
 
装着後、接続を完了させてから操縦開始

装着後、接続を完了させてから操縦開始


 
とはいえ、一度接続がうまくいけば臨場感のある映像を楽しみながらドローンを操縦できるので、ぜひドローン購入時にはFPVゴーグルも一緒に買っちゃいましょう。
 
向かい合っているが、見えている光景はドローン視点

向かい合っているが、見えている光景はドローン視点


 
以下、『YouTube』にアップされているFPV目線の「World Drone Prix」の公式動画です。
 

 
※動画が観られない方はこちらから
※World Drone Prix「Banni UK’s FPV as he takes on Dutch Drone Race Team」より
 
 
ね?かっこいいでしょ?ドローンはもちろん、映画やテレビ鑑賞にも利用でき、しかも3Dのダイナミックな映像表現が楽しめます。
 
今後は『FaceBook』などSNSでもVR(FPV)を通じた新しい利用が生まれる可能性があります。未来のためのゴーグル、そろそろ選んでみませんか?
 

 
ドローンについてはこちらもチェック!

こちらの記事もご覧ください。