【FAQ】名前や住所の入力が大変なのですがスマホで単語登録はできますか?

Q:名前や住所の入力が大変なのですがスマホで単語登録はできますか?

A:インストールされているIMEアプリに辞書登録ができます。

 
スマホの文字入力(以降、IME)には学習機能がついているので、変換した漢字は学習してくれるのですが、それでも「読み方が特殊」、「常用外の漢字」などだと、そもそも変換がとても面倒と思いませんか?
 
また住所をはじめ、よく入力する機会がある単語や文章は手間なく変換したいですよね。そんな時に役立ちのがIMEに搭載された辞書登録機能です。

 
登録しておけば変換時に優先的に表示してくれるのでぜひ設定しておきましょう。
 
今回は『Google 日本語入力』と『PoBox』の設定方法をお教えします。『ATOK』に関しては以下の特集をご確認ください。
 
『ATOK』の設定方法はコチラ!

 
Google 日本語入力
キーボード左下の「あa」ボタンを長押しで入力オプションが表示されるので「Google日本語入力の設定」をタップ
 

「あa」アイコン→「Google日本語入力の設定」

「あa」アイコン→「Google日本語入力の設定」


 
設定の下部にあるのでスクロールして「辞書ツール」を探してタップ。
 
「辞書ツール」は設定のかなり下部にあります

「辞書ツール」は設定のかなり下部にあります


 
左下の「+」アイコンから漢字とよみがなを辞書登録できます。品詞は適当で問題ありません。
 
漢字と読み方と品詞を設定してOKをタップ

漢字と読み方と品詞を設定してOKをタップ


 
入力したらOKをタップしましょう。以上で登録完了です。
 
PoBox
キーボード左下の「あa」ボタンを長押しでメニューアイコンが表示されるので左上の設定アイコンをタップ。
 
「あa」アイコン→「設定」アイコンをタップ

「あa」アイコン→「設定」アイコンをタップ


 
下部にある「辞書登録」→「日本語ユーザー辞書」をタップ。
 
英単語を登録したい場合は「英語ユーザー辞書」に登録しよう

英単語を登録したい場合は「英語ユーザー辞書」に登録しよう


 
左上のメニューから「追加」で読みと漢字を辞書登録できます。入力したら保存をタップして完了です。
 
「読み」の登録が先なので注意です

「読み」の登録が先なので注意です


 
以上で辞書登録が完了です。簡単なのでぜひ活用してくださいね。
 
 

こちらの記事もご覧ください。