Galaxyシリーズの集大成!ハイエンドスマホ「Galaxy S7 edge」をレビュー

 

ハイエンドスマホとして魅力的な機種

Galaxy S7 edge」の使用感としては、快適です。「Galaxy S6 edge」でも、十分高速な動作でしたが、さらに高速化しています。
 

ベンチマークアプリ『AnTuTu Benchmark』の結果は高スコアを記録

ベンチマークアプリ『AnTuTu Benchmark』の結果は高スコアを記録


 
内蔵RAMが4GBありますので、メモリ不足でアプリの動作が緩慢になる、という事象は、使っている範囲では見られませんでした。
 
「Galaxy S7 edge」(左)と「Galaxy S6 edge」(右)

「Galaxy S7 edge」(左)と「Galaxy S6 edge」(右)


 
カメラ機能に関しては、約1220万画素と、画素数を抑えた分、AFが速く、さらに暗所でもノイズが乗りにくくなっています。室内など光量の足りないシーンでも綺麗に撮影ができます。実用的なカメラとなっています。
 
暗所での撮影例。約1220万画素で高感度に強く、暗所でもノイズが乗らない

暗所での撮影例。約1220万画素で高感度に強く、暗所でもノイズが乗らない


 
Galaxy S7 edge」は、ハイエンド機種として、不足している機能は見当たりません。Galaxyシリーズのまさに完成系とも言えるほどの高スペックになっています。ハイエンドスマートフォンを利用したいユーザにとって、まさに理想的な端末です。是非ご利用ください。
 

 
「Galaxy S7 edge」スペック

OS Android 6.0
サイズ 横73mm×高さ151mm×厚さ7.7mm、重さ約158g
CPU Snapdragon 820「MSM8996」(2.2GHz×2と1.6GHz×2のクアッドコア)
メモリ RAM:4GB/ROM:32GB
メモリースロット microSDXC(最大容量200GB)
ディスプレイ 約5.5インチ(有機EL)
バッテリー 3,600mAh
カメラ メイン:1220万画素、インカメラ:500万画素
防水防塵対応
ハイレゾ対応

 
気になる端末をチェック

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!